ひざの痛み、どう対処する?

ダイエット・減量, トレーニング, 柔軟性やストレッチ

ひざの痛みは年齢に関係なく、いつ起こってもおかしくありません。

ひざが痛くなったら、迷わず整形外科へGOです。

「このくらいはまだ大丈夫だろう」という考えでいると、なかなか治らないし、確実に長引く。

関節が無事であるかどうかは、レントゲンやMRIを撮らないとわかりません。

だから、整形外科がまず診てもらうことが大切です。整骨院や整体とかカイロはダメですよ~行くなら医師の診断後に行くことをおススメします。

痛みが改善したら、次にやることは予防です。

予防でも様々な要素を考える必要があります。

それは、「体重」「筋力」「動きの癖」など。

筋力は時間がかかるので、手短にできることはまずは体重です。

体重が重く、膝関節に負荷をかけている場合は、体重を落とす必要があります。

そして、もうひとつ。
「動きの癖」がとても大切。

ひざが痛くなった理由は、「痛くなるような動きを続けたから」です。

要するに自身の動きが悪いから痛くなったといううこと。

ここに気づき、動きを変えることをおススメします。

と言っても、どう変化させればいいのかわからないですよね…
ただ、それを伝えると長くなっちゃうので、またいつか書きたいと思います。

ご相談や質問はDMから送ってください。

ひざは大事なので、しっかり向き合っていきましょう!

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、メンタルコーチ、プロ選手メンタル&フィジカルコーチング、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。
The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、メンタルコーチ、プロ選手メンタル&フィジカルコーチング、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧