力の使い方のスキルを上げる大切な3つのポイント

トレーニング, パフォーマンス向上

力をつけても、それを活かせないと宝の持ち腐れ。

スポーツしている人は特に力の伝達スキルが必要です。

今回は、力の伝達スキルをあげる大切な3つのポイントをお伝えします。

体の軸、パワーポジションを作る

体の軸とパワーポジションを作る必要があります。

わかりやすいイメージは、バッティングのフォーム、ゴルフのフォーム、守備などの構えが、パワーポジションと近いです。

この姿勢は、軸が安定し、力の発揮しやすいので、力の伝達するためには必要な姿勢ということを覚えててください。

股関節の内旋や骨盤絞り

この項目はちょっと難しいかもしれませんが、大切なポイントです。

この写真をご覧ください。

矢印の方向の意識が働いていることがわかると思います。

軸を安定し、力を発揮するには、股関節の内旋と骨盤の絞りが必要です。

要するにガニ股になると、力の発揮が弱く、一歩目の動作も遅くなります。

プレー中は恐らく無意識にしている方が多いと思いますが、トレーニングの中でもこの股関節の作り方でトレーニングすると、力の伝達に繋がってきます。

手(足)からの意識を消す

手の感覚は非常に鋭いし、意識しやすい部分でもあります。

力を発揮しようとすればするほど、手足に力が入ります。
これはいわゆる「力み」というもので、パフォーマンスに大きく影響をあたえてしまいます。

「力んでるからリラックスしろ!」とか言われたりしたことあると思いますが、一般的に「力み」はこれに当たります。

そうならないように、日頃のトレーニングの中から、手や足に力を入れる意識を消したトレーニングが必要です。
その方法は動画でも解説しています。

https://youtu.be/zS3lKL_AYUY

ケーブルマシンを使用していますが、手の動きで動かすのではなく、体幹の力を手に伝達して、体全身で行う。という方法です。
上手くいっているか、上手くいっていないかの判断が難しいかもしれませんが、その確認の方法は負荷を重くして行うといいです。

負荷が重いと、上手く引っ張ることができません。
こんな感じになります。

https://youtu.be/zS3lKL_AYUY?t=257

これは手でやろう!という意識が強いために上手くいかない例です。

どうやったら力を上手に伝達できるのか?
というのを考えて、トレーニングの中で試して欲しいです。

そうすることで、力をつけるだけでなく、力の伝え方のスキルが向上するので、スポーツで役に立つし、活躍するきっかに繋がります。

是非、試して頂きたいです。

頑張ってください!

ご質問、お問い合わせはこちらからどうぞ♪
友だち追加

ツジトレYouTubeチャンネルはこちら
https://www.youtube.com/channel/UC6UKq1Y_tUhAzQ1EywDevzg/videos

私が書いた書籍はこちら♪
見惚れるボディの秘密
https://amzn.to/2MhkFis

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、メンタルコーチ、プロ選手メンタル&フィジカルコーチング、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。
The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、メンタルコーチ、プロ選手メンタル&フィジカルコーチング、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧