壁に直面したら「この出来事は、私に何を伝えようとしているのか?」と向き合う心。

メンタル

  • HOME
  • ブログ
  • メンタル
  • 壁に直面したら「この出来事は、私に何を伝えようとしているのか?」と向き合う心。

こんにちは♪
8月も後半に入り、いかがお過ごしでしょうか?

夏の終わりを少しずつ感じるところですが、日々の猛暑はなかなか凄いですよね。

日々と言えば、何かしら出来事が起きます。

良いことも悪いことも。

私自身、新しいことをスタートし、「こんなことが起きるのか・・・」ということが、頻繁に起こっています。

俗にいう『壁』です。

この「壁」というものは、何かしら行動をしていると必ず目の前に現れます。

それが大きいのか小さいのかは、受け取り側で感覚は違うものの、やはり現れると、「さぁ、どうしようか」となるものです。

こういう時の『心』との向き合い方をどのように作ったらいいでしょうか?
ここを考え、捉え方をいかに前向きに作るかが、良い方向へ進むポイントになります。

「なんで私だけこんな目に合うんだろ」とか
「マジで運が悪い」と思うのか?

このように考えてしまうことってありますよね。
ただ、この考えで支配されると、ネガティブな心になり、これから起きる出来事も、悪いことが起こりやすくなりますよね。

では、どのように考えていけばいいのでしょうか?

「この出来事は、私に何を伝えようとしているのか?」
と考えてみる。

ポジティブな感じで、「この壁を乗り越えれば、絶対良いことがある!」というのもアリですが、ポジティブなことを想うと、その逆のネガティブな想念が必ず生まれます。

「乗り越えられなかったらどうしよう・・・」と。

これは100%の確率で生まれます。

スピリチュアルな世界では、ポジティブや良い言葉を使えば、良いことを引き寄せられるという「引き寄せの法則」を良く言われていますが、なかなかそれを感じない。
という場合は、ポジティブの背景に生まれているネガティブが深層心理に働きかけをしているのです。

これが引き寄せの法則が上手くいかない原因です。
「スピリチュアルの落とし穴」とも言えます。

大切なことは、生まれたネガティブを、いかに消していくことがカギになります。

その為の方法は沢山ありますが、今回はその中のひとつである
「この出来事は、私に何を伝えようとしているのか?」
と考えてみることをお勧めしました。

ネガティブな出来事としっかりと正対し向き合う。
ということが大切になりますし、そうすることで、またひとつ成長できます。

さ、私の目の前にいる壁さん。
何を伝えようとしていますか?

と私自身も自問自答してます・・・。(笑)

日々、色々ありますけど、乗り越えていきましょうね♪
ぼちぼちでいいと思いますよ☆

今日も素敵な1日になりますように。
最後までお読み頂きありがとうございました♪

ご質問、お問い合わせはこちらからどうぞ♪
友だち追加

私が書いた書籍はこちら♪
見惚れるボディの秘密
https://amzn.to/2MhkFis

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧