筋肉の硬さは筋力の低下も疑ってみる。

トレーニング, パフォーマンス向上, 柔軟性やストレッチ

こんにちは!
筋肉が硬くなったら、筋力の低下も疑ってみる。
今回はこのテーマでお伝えします。

筋肉が硬いのは老化?

筋肉が硬くなるのは老化が原因。というのは正解です。
何故、硬くなるのか?

それは、明らかな運動不足で、筋力の低下が原因です。
筋トレ不足でもあります。

年齢を重ねるごとに、体力低下、筋力の低下からは避けて通れません。
必ず訪れます。

ただ、それを遅らせることは出来ます。
それが筋トレです。

筋肉が硬くなるのは体の防衛反応である

老化により、筋力が低下し、筋肉が硬くなる。
このような反応は、カラダの防衛反応なのです。

筋力が弱くなったので、筋力を強くする必要があるんですね。

カラダを動かさないから、筋力が高まらない。

じゃ、カラダはどうするのか?というと、筋肉を硬くして、カラダの強度を保とうという働きが生まれるのです。

要するに、あなたのカラダを守るために、筋肉が硬くなったのです。

わかりやすい例をあげると、ヒザが痛くなった時、大腿四頭筋が硬くなる反応が出ます。
特に変形性膝関節症。

ヒザ関節を守るために、ヒザ周辺の筋力が必要になります。
ヒザが痛いので、歩くとかスクワットも出来ない。

そうなると、カラダはどうするのか?
大腿四頭筋を硬くして筋力を保とうとします。

なので、変形性膝関節症の方の大腿四頭筋は硬いです。

これをなくすためには、筋トレが必要ですが、曲げることが困難なことも多いので、曲げ伸ばしが必要のない方法で強化する必要があります。
良かったら、これを参考にしてみてください。


https://youtu.be/0QSoipATITs

柔軟性がアップしない理由

筋肉が硬くなるから、ストレッチで柔軟性をアップしようとしている。
けど、なかなか柔軟性があがらない。

こういう場合は、筋力の低下を疑ってみることです。

筋力が弱いから、筋肉が硬くなっている事実を受け止めてください。

あとは体全体で筋肉の状態を見た方が良いです。

骨盤の前傾後傾も含めて、体全身の筋肉のバランスをみて判断が必要となります。

筋肉の硬さは筋力の低下も疑ってみて、全身のバランスよく強化し、ストレッチを試みてくださいね。

私が書いた書籍はこちら♪
見惚れるボディの秘密
https://amzn.to/2MhkFis

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧