効率よく、効果的な腹筋とは?

ダイエット・減量, トレーニング, パフォーマンス向上

こんにちは!
せっかく腹筋をするならば、効率よく、効果的な腹筋をしたいものですね!
今回はその方法をお伝えします♪

腹筋を強くしたい?筋肉をつけたい?

腹筋をする目的をはっきりさせた方が良いです。
腹筋を強くしたければ、強くさせる方法があります。

腹筋の筋肉をつけたいならば、筋肉がつく方法があります。

要するに、目的によって変化するので、目的に合わせた方法を選択して行う必要があるということです。

腹筋を強くする方法

腹筋を強くするならば、回数と負荷のかけ方にポイントがあります。
まずは回数。

回数は、1回から、多くても10回までの範囲で限界を作る方法がお勧めです。

筋力は、回数が多くやるより、少ない回数で、すぐ限界になる方法が強くなれます。
実施する時間も、1秒~10秒以内で限界になることが理想です。

なので、負荷もすぐ限界になる負荷を与えた方が良いのです。

参考になる動画がありますので参考にしてみてください。
【エキセントリックアブドミナル】

https://youtu.be/iKd63KkuaQ4

筋肉をつける方法

筋肉をつけるというのは、筋肉の繊維を大きくするということです。
その方法は、乳酸がたまるような方法がお勧めです。

腹筋に意識したままで、腹筋が熱をもって痛くなる感覚までやると良いです。

回数は10回以上。
実施時間は10秒以上でできれば、40秒前後で乳酸がたまっている感じが理想です。

この腹筋をやるお勧めの種目はこちら

【フロアシットアップ】

https://youtu.be/HotReOf2HJQ

【クランチ】

https://youtu.be/HwJT2QTpH98

腹筋をする頻度はどれくらいがいい?

頻度とは、腹筋をやる日や回数のことです。
腹筋の筋肉は回復が早いので、毎日行っても構いません。
ただし、筋肉痛が痛かったり、今日もは無理だ。と感じる場合は、お休みしてOKです。

あとは、継続が大切なので、腹筋をやる時間を決めた方がいいでしょう。

決めた曜日や時間は、他の要件より腹筋を優先してください。
腹筋をすることが何よりも大事だ!という強い気持ちを持つと継続できますよ!

腹筋は体の中でも大事な筋肉です。

目的をはっきりさせて、効率よく、効果的な腹筋をやってみましょうね♪

ご質問、お問い合わせはこちらからどうぞ♪
友だち追加

私が書いた書籍はこちら♪
見惚れるボディの秘密
https://amzn.to/2MhkFis

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧