背中(広背筋)に効く、効果が出る動きとは?

トレーニング, パフォーマンス向上

こんにちは!
今回は、広背筋に効かせる具体的な方法についてです。

広背筋のトレーニングは、ラットプルダウン、ロウイングの種目です。
ラットプルダウンを効率よく、尚且つ効果的に行う為に、動きをしっかりマスターしよう!

ラットプルダウンは、案外、ちゃんと出来ている人は少ないです。
単に、引っ張り下ろしているだけ。

腕の力をメインに使っていて、広背筋に効かせる動きが出来てないということです。

そうならない為の動きをしっかり覚えて、効果的なラットプルダウンをやっていきましょう!

背中に効かせるポイント
・胸を張る
・肩甲骨の動き
・手の位置

まずはこの3つを意識して行う。
動画でも解説しているので、参考にしてみてください。


https://youtu.be/yJbb2qmsIxo

胸を張る

胸を張り方は、胸骨を斜め上に持ち上げる意識で行うと上手くいきやすいです。
顎を引きすぎると胸は張れないので、顎は上げ気味で行うと良いです。

肩甲骨の動き

肩甲骨は内側に絞るような感じのように思えますが、実際には斜め下におろす感覚で行うと良いです。

手の位置

基本は体のラインに沿って行うと間違えにくいです。
マシンを使うバックプルダウンは、手の位置は若干後ろになりますが、この意識でOKです。

フロントプルは、体のラインでやると上手くいきません。地面に向けて垂直な感じが上手くいくポイントになります。

背中は大切な筋肉です。
男性であれば、大胸筋ばかり鍛えるのではなく、広背筋もしっかり行っていきましょう!

背中の引き締め、背中を使うこと、筋量が上がることでの代謝アップなどにも効果を発揮します。

マシンがなくても、まずは自重でもできますので、トライしてみてください♪

ご質問、お問い合わせはこちらからどうぞ♪
友だち追加

私が書いた書籍はこちら♪
見惚れるボディの秘密
https://amzn.to/2MhkFis

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧