柔軟性向上とストレッチのポイント

柔軟性やストレッチ

こんにちは!

基本的に柔軟性がある方が体にとって良いということは常識になっています。
実は柔軟性があり過ぎると、ケガの誘発に繋がるということもあります。
ここは、またいつか書きたいと思います。

柔軟性がなく、体が硬い人が圧倒的に多いので、今回はどうやったら柔軟性が向上するのか?
というところをお伝えします。

柔軟性を上げるにはストレッチをすることを基本にします。

ストレッチをするときに効果的な方法とは?

・ひとつのポーズにつき20秒以上伸ばす。
・呼吸はゆっくり吐きながら。吐く息も20秒以上出す意識で。
・小刻みな反動はやらない。
・強い痛みがあるところで伸ばさない。
・伸ばす意識より、緩む、ほぐれる感覚で。
・伸ばしている筋肉を意識しすぎない。
・ながらストレッチが効果的。
・スマホ見ながら、しゃべりながら、TV見ながらでOK。

柔軟性がある筋肉になるには?

最低でも1日1回のストレッチをすること。お風呂上りは筋肉が柔らかくなっているので、伸びやすく気持ちよくストレッチが出来ます。
出来るならば…
1日3回~5回のストレッチをしたいですね。
なかなか難しいかもしれませんが、体を柔らかくしたい人はチャレンジしてみてください。

どんなストレッチの内容をしたらいいのか?

ストレッチする情報は沢山あり、ネットで調べると無数に出てきます。
選ぶことが困難な場合は、私のYouTubeでも紹介していますので、参考にしてみてください。

『立ちストレッチと座ってストレッチ』

https://youtu.be/6feGEMotMZY

『座ってできるストレッチ5種目』

https://youtu.be/2NNeNVOvy5Y

現在、コロナウイルスで自宅自粛の方が多いと思います。
ジッとしてると、体も重くなります。
現在の怠さは、筋肉の動きなく、血流が滞っている可能性があります。
ストレッチをすることで、血流が良くなり、体がスッキリしますので、良かったら実践してみてください♪

わからないこと、知りたいことはご質問してくださいね!個別相談可。

ラインからでもOKです♪
Yousuke Tsujiオフィシャルライン
ID:@425fbkdd

番組のラインでもOKです♪
ID:@712qhqpd

健康を保つことが、コロナに打ち勝つ秘訣です!
この問題を乗り越えていきましょう♪

私が書いた書籍はこちら♪
見惚れるボディの秘密
https://amzn.to/2MhkFis

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧