モチベーションを維持し、モチベーションをあげる

トレーニング, パフォーマンス向上, メンタル

何かをするとき、何かを目指すとき、目標や夢に向かって必要なものは、モチベーションですよね。

上手く進むかどうかは、モチベーションによって左右されます。

そして、モチベーションのコントロールがカギを握ります。

モチベーションとは「やる気」や「動機」のことです。

モチベーションを維持したり、上げたりするには、取り組んでいることの結果も関係すると思うんです。
勝敗や記録などは、モチベーションに大きく影響を与えます。

メンタルトレーニングの世界では、勝敗や記録は結果目標と言います。

この結果目標をモチベーションを関わらせてしまうと、モチベーションの上げ下げが激しくなってしまいます。

結果がでれば、当然ながらモチベーションは上がります。
その逆だと、確実にモチベーションが下がります。

ここの結果でモチベーションを左右されると、今後の進み方に大きく影響を与えてしまいます。

モチベーションを維持したり、上げたりするのは、行動によって決めることをお勧めします。

行動目標とも言います。
結果目標は、自身でコントロールできないが、行動目標は自分でコントロールできる。

例えば、バッティングを向上させるために、素振りを1日100回やる。とか、1日3kmのランニングを欠かさずやるとかは、自分で決めることができます。
決めたことを出来たら、自分自身を誉めてあげることがモチベーションの維持と向上に繋がっていきます。

もし、出来なかった場合は、出来るように修正をするだけでいいので、修正して取り組むように進めたら良いのです。

結果の目標は決めても構いません。
ただ、そこだけにフォーカスしすぎると、モチベーションに影響を与えてしまうので、結果を出すために、どんな行動をするのか?
をしっかり考えてみたらいかがでしょうか?

この積み重ねで結果を引き寄せることができますよ!

是非、参考にして実践をしてみてください♪

ご質問、お問い合わせはこちらからどうぞ♪
友だち追加

私が書いた書籍はこちら♪
見惚れるボディの秘密
https://amzn.to/2MhkFis

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧