心を整えるためにやっておきたい3つのこと。

パフォーマンス向上, メンタル

こんにちは!
今回は、「心を整えるためにやっておきたい3つこと」についてです。

心が乱れると、落ち着きがなく、不安、心配などの感情が生まれます。

その結果、物事が上手く進まなくなるし、体も不調になりやすくなります。

そうならない為にも、普段からやっておきたいことを3つご紹介します。

1.言葉
2.呼吸
3.笑顔

番外編:記事後半で紹介

1.言葉

良い言葉を使うこと。
言葉は今すぐに出来る方法です。
良い言葉を意識的に使うことで、心が楽になり、安定させることになります。

愚痴や文句が沢山になっている人は、現状がそのような状況かもしれない。
ただ、愚痴や文句を言っても何も現実は変わりません。

変わるのは、口から出る言葉を変えていく。
忙しい、疲れた、無理、嫌だ、むかつくなどの言葉を、一切使わないように心がけること。

良い言葉を積極的に使う。
・ありがとう
・楽しい
・感謝してます
など。

良い言葉には良いエネルギーが宿っています。
良いエネルギーを発している人には、良いエネルギーが集まりやすくなります。
よって、良いことも引き寄せることになるし、心も安定します。

2.呼吸

呼吸を意識的にやってみること。
呼吸は無意識のオートメーション化しています。
これを意識的に行うことが心の安定に繋げることができます。

呼吸法には、腹式呼吸や丹田呼吸などの方法は沢山あります。
方法より、まずは実践が大切です。
なので、難しいことは今必要ではありません。

呼吸の方法
・長く息を吐く
・軽く吸う
・長く息を吐く

この流れでOKです。
まずは、長く息を吐きます。この時、「は~」と息を出すのではなく、「ふ~」と息を出します。
口にストローをくわえたイメージをして、螺旋状のストローから息を吐くように実践をします。

ゆっくりと深い呼吸は、副交感神経系を優位にして体がリラックスしていきます。
そのことによって心が安定します。

3.笑顔

心が不安定で、不安で心配事が多い時は、笑顔が減ります。
というより、笑顔を忘れていたりします。

なかなか自分では気づきにくいところだと感じています。

私自身も、笑顔を心掛けたいところですが、笑顔が減っている時もあります。

なので、笑顔は意識的に作らないと笑顔にならない。

赤ちゃんと大人の笑顔になる回数は、天と地くらいの差があるようです。

笑顔の状態では悩めない

笑顔の状態を作り、悩んでみましょう。
恐らくかなり難しく、悩むことはできないはずです。

笑顔の状態で怒ったりできますか?
その状態で頭おかしい人になりますよね(笑)

なので、笑顔になることで、心にもアプローチができ、笑顔によって楽しい気分、うれしい気分を引き出してくれます。
その結果、心が安定することに繋がっていきます。

番外編

今回伝えた3つは今すぐに実践できます。
この番外編は、すぐにはできませんが、できるだけやって欲しいことです。
それは、、、

筋トレをしよう!

やっぱり筋トレか!
と思った人も多いとは思いますが、筋トレは心を安定させる効果があります。
筋肉の成長だけでなく、心にも良い影響を与えてくれます。

・筋トレをすることで、自己肯定力が増し、考え方捉え方がポジティブになります。

・筋トレをすることで、筋肉が成長し、体が変化することで自信がつきます。

・筋トレをすることで、ストレスに強くなり、ストレスの解消に繋がります。

簡単にこのような効果がありますが、筋トレをするメリットはもっと沢山あります。

心がキツイときに、「筋トレをしよう!」という気持ちになりにくいかもしれませんが、そういう時こそ「筋トレをする!」という気持ちになって頂けると、心はもっと安定しやすくなりますよ!

今回伝えた3つを参考にして、今すぐ実践してみてくださいね♪

あとは筋トレも♪(笑)

ワクワクと楽しみを大切に☆

ご質問、お問い合わせはこちらからどうぞ♪
友だち追加

私が書いた書籍はこちら♪
見惚れるボディの秘密
https://amzn.to/2MhkFis

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧