挫折からの気付き、そして、生まれるものと復活するものについて。

パフォーマンス向上, メンタル

チャレンジすれば必ず壁にぶつかる。
そして、失敗、ミス、挫折を味わうこともあるだろう。

私も過去何度も挫折を味わっている。

味わった瞬間は悪夢のようだが、改めてその時を振り返ると、その出来事や経験があったからこそ今があると思える。

というより、全てそのようなことばかりだ。

その時に気付くこと、生まれるものがあり、そして、また復活していく。

これは私の実体験を元にお伝えしようと思う。

まずは野球について。

高校野球で甲子園を目指す。
高校球児なら誰でも憧れている舞台である。

私も甲子園を目指し日々頑張っていた。

小学校、中学校はチームでも中心選手で、問題なく活躍していた。

ただ、高校に入り一転した。

それは高2になる前、ピッチャーのフィールディング練習中に肩を少しだけ痛めた。
肩の痛みは回復したのだが、試合でストライクが全く入らなくなった。

そこから、焦りと不安、チームに迷惑をかけている申し訳なさから、今で言うイップスになった。

当時、イップスという言葉はなく、なぜ、そのような状態になったのかが全くわからず、絶望の淵にいた。
そして、オーバースローが出来なくなるくらいまで、投げ方がわからなくなったのである。

ピッチャーとしては致命的。
もう二度とマウンドで投げられないと思っていた。

ただ、私はあきらめが悪い人間。
必死でもがいている私を見かねて、監督から「アンダースローをしてみてはどうだろうか?」という提案があった。
そして、アンダースローに変更した。

そうすると、普通に投げられるようになり、試合で使えるくらいまでになった。
必死で練習したことは言うまでもないが、一安心していたのを思い出す。

ただ、試合で投げると、やはりストライクが入らない状態になる。
イップスである。
要するに精神的な問題に直面していたのである。

その時期はどうすることもなく、ピッチャーを諦めて野手に変更した。

ピッチャーとしての挫折。
これを味わった。

その時に気付いたことは何なのか?

それは、ピッチャーではなく打撃に専念するということ。
野手として力を発揮させること。
まずはそこに気付き力を注いだ。

幸いなことにレギュラーにはなれたので良かったが、肝心な甲子園の道はあっさり1回戦で負けてあえなく途絶えた。

高3の時、薬剤師になろうと思っていた。
野球をしているせいで、大学に合格出来ないという言い訳はしたくなかったが、夏の大会が終わるまでは勉強は横に置いておいた。

ただ、あっさり1回戦で負けたことで、夏の時間が大幅に取れるようになったのである。

恐らく「勉強をしろ」ということだったんだと思う。

あっさり負けた悔しさと、有り余ったエネルギーを全て勉強に注いだ。
夏休み中は全て勉強にあて、あるノルマを課せた。

「ボールペン一本無くなるまで勉強を終えないと」

ボールペン一本無くなるまでどれくらいの時間が必要だったのか?
それは12時間~14時間は必要だった。

その甲斐もあり、大学に合格することができた。
大学は薬科大ではなく、環境問題に興味があった私は、物質系の化学の大学に行くことになった。

高校野球は順風満帆ではなかったが、そこで得られた経験、培ったもの、そして、気づきが今でも役に立っている。

挫折を味わっても、そこから生まれる気付きと知識を得ることができ、這い上がる力と努力を身につけることができた。

そして、復活するというところの話になる。

現在、私はソフトボールでピッチャーをしている。
ウインドミルにチャレンジしてちょうど1年くらいだ。

ピッチャーとして復活をしたのだが、そこで蘇るのが高校の時の記憶。
イップスで投げられなくなったことが思い出す。

これを克服するために、ピッチャーとしてまた機会を与えられた。

高校生の時と違うのは、私自身、フィジカルコーチであり、メンタルコーチでもある。

知識とスキルを得て、ピッチャーのポジションにチャレンジすることになった。

とても有難い。

私自身が成長し、レベルが上がった時点で目の前に現れたチャンス。
必ず克服できる。
そう想って仕方ない。

現実的にピッチャーをしてて、ストライクが入らなくて、焦りや不安、申し訳なさなどは一切ない。

この焦り、不安、申し訳なさはネガティブな想念である。
これらがダメだとして、ポジティブな想念を作って克服しようとすることが一般的である。

しかし、いくらポジティブな想いを作ったとしても、必ずネガティブな想いが発生する。
これは誰でも当てはまる。

・ストライクが入る⇔ストライクが入らない
・打ち取る⇔打たれる
・抑える⇔抑えられない
・三振を取る⇔三振を取れない

強く想えば想うほど、同じ強さのネガティブも発生する。

では、どのようにしてメンタルを作っていくのか?
それは、ネガティブな想いを消す。というスキルが必要となってくる。

ネガティブな想いが生まれないように作っていくということだ。

その方法は

『楽しむ』こと。

これが最強である。

ピッチャーを楽しむ。という想いにする。
打たれてもストライクが入らなくても、その場を楽しむという想いにした。

確かに、打たれると悔しい想いもあるが、それもスポーツとしての楽しみのひとつ。
それがあるから、「もっと良くなるために、何をすればいいのか?」という思考が生まれる。

その努力過程も楽しみのひとつとなるので、またひとつ成長できる。

私のイップスは完全に克服したのかはわからない。

ただ、今のところ高校生の時に味わった感情は現れていない。

何より、ピッチャーすることが楽しくて仕方ない。
本当に面白いと感じている。

この気持ちを大切にこれからも続けていこうと決意している。

現在、辛い現実の人もいると思う。
これはスポーツだけでなく、日常も含めての話だ。

起こった出来事、体に起こったことは、何かしら「意味」が必ずある。
困難なことがあったとしても、それには意味がある。

冷静になれないかもしれないが、そんな時こそ、自分自身と向き合ってみて欲しい。
何かしらの気付きが必ずある。

挫折は成長のチャンスであり、新しい自分が生まれる瞬間でもある。

そんな経験が出来ることを「有難い」と思って向き合って頂ければと思う。

このような経験が、音楽でもあるが、この話も長くなりそうなので割愛させて頂く。

より良い人生を望んでいるからこそ、目の前に色んな出来事が現れてくれる。
それに感謝して、これからも生きていこう!

ワクワクする気持ちを大切に♪

今回の内容は動画でも解説していますのでご覧ください。

https://youtu.be/24aVKG4pwJo

ご質問、お問い合わせはこちらからどうぞ♪
友だち追加

私が書いた書籍はこちら♪
見惚れるボディの秘密
https://amzn.to/2MhkFis

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧