ポジティブとネガティブは同時に発生する

パフォーマンス向上, メンタル

ポジティブとネガティブは同時に発生する。

ポジティブシンキングのように、前向きな思考を進めることは多い。
私もそのような思考になるように勧めている。

ただ、ひとつ知っていて欲しいのは、ポジティブな思考や発言をした時は、同時にネガティブな思考も生まれている。

これは電気と同じで、プラスが発生すればマイナスも発生する。

例えば、「今日は勝つ!」と宣言しても、「負けたらどうしよう」という思考も同時に生まれる。
「絶対に上手くいく!」と同時に「上手くいかなかったらどうしよう」が同時に生まれる。
「私は成功する!」と同時に、「成功できなかったらどうしよう」ということも生まれている。

表向きにはネガティブな思考だとしても、深層心理でネガティブ思考が発生していることが結構あるものだ。
だから、ポジティブな思考してても、なかなか上手く物事が進まないのは、深層心理で発生してるネガティブな思考があるからである。

そして、ポジティブな思考と、発生するネガティブなエネルギーは同等である。

これは私にも経験がある。

ピッチャーをしている時、「全員三振にとる!」「全員打ち取る!」と強く想えば思うほど、「打たれるかもしれない」「打たれたらどうしよう」というネガティブな思考も生まれていた。

なので、一度崩れると雪崩のように崩れてしまった経験がある。

「抑えよう」と思えば思うほど、「打たれたらどうしよう」というネガティブな思考が発生していた。
現実に打たれると、「あ~、やっぱり打たれた・・・」感情になり、投球内容が悪くなったということだ。

試合中に気付き修正できれば良かったが、修正が出来なかった記憶がある。
私もまだまだ修行が必要である。。。

では、どのようにしたら、ポジティブな思考や想念で満たすことができるのか?
それは、ネガティブな思考を消していくことが必要となる。

その為のスキルが必要であり、そのためのヒントを記載する。

・ネガティブな感情が発生することを受け止め、受け入れること。
・ネガティブなことが起きた時、受け入れ、そこに成長できる元があると思考する。
・成長できるヒントを与えてくれたことに感謝して、大きく成長できることを喜び楽しみにすること。

このようにネガティブなことは悪いことではなく、良い方向(ポジティブ)に繋げていける良いきっかけになる。

要するに、捉え方と解釈力。

この捉え方と解釈力を高めていくことが、ポジティブな想いを増やすことができるのだ。

今、思い悩んでいたり、困難に直面していることは、ある意味大きく成長できるチャンスである。
それを喜び、楽しみにして過ごすことができれば、その先は素晴らしい世界になっていくだろう。

ポジティブなことばかりではなく、ネガティブにも目を向けて、どう捉えて思考するのか?
というところも、やってみよう!

ご質問、お問い合わせはこちらからどうぞ♪
友だち追加

私が書いた書籍はこちら♪
見惚れるボディの秘密
https://amzn.to/2MhkFis

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧