土台をしっかり作るには基礎が大切

トレーニング, パフォーマンス向上, メンタル

体の土台をしっかり作るには、基礎が非常に大切である。

当たり前のことを言っているが、案外抜けてることが多い。

ここで言う基礎は、基礎トレーニングのことを言ってる。
基礎トレーニングは
・スクワット
・ベンチプレス
・ラットプルダウン
・ロウイング
・ショルダープレス
・アブドミナル
など。

これらはベーシックエクササイズといって、筋トレの基本中の基本である。

筋トレを日々取り組んでいる人は、コツコツとやっているだろう。
そのコツコツが大切である。

現在、様々なトレーニングやメソッドが溢れている。

そんな私のメソッドにもツジトレ!がある。
ツジトレは体幹連動性といって、上肢・体幹・下肢を連動させて力の発揮のスキルを伸ばす方法である。

パフォーマンスアップにはとても大切なトレーニングで、多くの人に取り組んで欲しいメソッドでもある。

ただし、このツジトレの効果を大きくするには、基礎である土台をしっかりしていることが前提にある。

なので、基礎の筋トレを中心にしっかり行いながら、ツジトレの体幹連動性を取り入れている。

基礎トレは地味で飽きやすい。
だから続かない人も多い。

この飽きたから続かないというのは、今ある感情に左右されているだけである。

『何のために基礎筋トレをしているのか?』
『基礎筋トレをコツコツとやっていった先に得られるメリット』
を想像し、イメージ出来ているのか?
継続が出来ない理由は、このふたつを考えてないことが原因である。

私自身の自主トレは基礎筋トレがメインである。

スクワットやランジ、ベンチプレスやラットプルダウンはプログラムに組み込んで、日々トレーニングしている。

25年以上筋トレを続けていても、基礎の筋トレは今でも取り組み、当たり前にやるものとして位置付けている。
その中で体のスキルに繋がる連動性のトレーニングを行っている。

比率は7:3=基礎筋トレ:連動性トレーニング

これで十分パフォーマンスの向上に繋がる。

様々なトレーニングがある中で、逆になっていないだろうか?

基礎筋トレはアウターの筋肉ばかり使うから、インナーマッスルが使えない。
という声もあるが、実は基礎筋トレでもインナーマッスルは活性化している。

むしろ、強固な体幹を得ることができる。
スクワットはまさにその代表例だ。

基礎筋トレを大切にして、強靭な体で強固な土台を作り上げていこう!

フィジカル的なスキルはその後で十分向上する。
日々の基礎筋トレをしっかり行って欲しい。

今回の内容は動画でも解説していますのでご覧ください。

https://youtu.be/Ajwfq0PCvJM
ご質問、お問い合わせはこちらからどうぞ♪
友だち追加

私が書いた書籍はこちら♪
見惚れるボディの秘密
https://amzn.to/2MhkFis

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧