パフォーマンスの向上は、芯を感じているかどうか

トレーニング, パフォーマンス向上

パフォーマンスの向上は、芯を感じているかどうか。

ここではわかりやすくするために、『芯』という言葉で表現する。

例えば、速い球を投げること、遠くに投げることがわかりやすい。
筋肉隆々で、力もとてつもなく強くても、速い球を投げれれるわけではないし、遠くまで投げれるとは限らない。

早くて遠くまで投げられるには、投球のスキル向上が必須で、全身の力をボールに伝える必要がある。

そして、このボールの芯に適切な力を加えることで、力強く、速く、遠くにボールを投げれるようになる。

ゴルフでも同じだ。

ドライバーで球を遠くまで飛ばしたい。
筋力もある、スイングスピードも速いのに飛ばないのは、打つスキルが足りないのと、しっかり芯をとらえてないことが理由だ。

この芯は、ドライバーのフェイスの芯に当てるというだけでなく、体の芯、ドライバーの芯との一致しているという意味である。

ドライバーのフェイスで芯をとらえたとしても、遠くに飛ばないというのは、体の芯が作れていないことが理由だ。

こういう事例は、全てのスポーツで当てはまる。

一流と言われる選手は、このスキルが非常に高い。
それも難なく簡単そうに行う。
感覚的につかんでいる

この感覚的に。というのが非常に厄介だ。

感覚は人それぞれで違う。
指導するにあたっても、指導する人は、そう感じて上手くいったというだけで、受け手に100%当てはまるとは限らないのである。

スポーツのコーチも同様に、過去自身が上手くいった経験を伝え指導することが多いと思うが、それが全ての選手に当てはまるとは限らないのである。

ここの改善方法の提案はあるのだが、今回のテーマと違うのでまた別の機会で伝える。

芯を感じためには、体のスキルアップが必要である。

体のスキルアップというのは、体の使い方を学習し、体の連動性を駆使して力の伝達力を向上させるものである。

これをトレーニングするのに最適なのが筋トレである。
それも、ベーシックレジスタンスの種目ではなく、ケーブルを使用したトレーニングがお勧めだ。

力の伝達が上手く出来ない時は、腕に力が入り、上手く動作が完了できない。

その逆は、腕に力はほとんど入れなくても、動作がスムーズに完了できる。

筋トレは筋肉を強くするために行うものだけでなく、体の使い方、力の伝達力を向上させる良いトレーニングである。

ここの認識が薄い選手も多く、ただ単に鍛えればいい。という認識でいると、頑張って筋トレしも、競技には繋がりにくくなってしまう。

なんのために筋トレをしているのか?
そのテーマをしっかりもって取り組むことが大事なのである。

競技スキルを上げたければ、ここの認識と意識を高め、力の伝達力を向上させる筋トレを実践してみよう!

ご質問、お問い合わせはこちらからどうぞ♪
友だち追加

私が書いた書籍はこちら♪
見惚れるボディの秘密
https://amzn.to/2MhkFis

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧