風邪、熱との向き合い方。体を応援することが回復を早める。

パフォーマンス向上, メンタル

12月半ばが過ぎ、気温も冬になってきた。
そんな季節になると、増えてくるのが風邪である。

具合が悪くなり、熱が出たりする。

こういう時にどのように対処をしているだろうか?

まずは内科に行く。
ここは必要である。
インフルの可能性もあり、周りに迷惑をかける恐れがあるので、診断は必ず受けた方が良い。

あとは安静と休息。
そして、栄養があるものを食べ、薬を飲むだろう。

これは基本的対処法である。

ひとつ考えてもらいたい。

具合が悪い時の感情(気持ち、心)はどうだろうか?

「キツイ」「しんどい」「だるい」「動きたくない」などの感情があるだろう。
こういう時の心が前向きになるだろうか?

基本的に考えると、前向きになることはない。
そうすると、なかなか治りにくく、長引いたりすることがある。

では、どうすればいいのか?
無理やりにでも前向きな心と感情を作ること。

これが回復を早めるカギを握るのだ。

どのように前向きな感情を作るのか?

それは、あなたの体は、治る方向に向けて頑張っている。
その体を『応援』するだけである。

『応援する心をもつ』だけ。

熱がでていることは、体の中にある細菌をなくそうとしている。
だから、非常に高熱じゃなければ、熱を下げる必要はなく、むしろ、熱をだしている体に「感謝」して、「ありがとう」の気持ちの心でいる。

そうすることで、めちゃくちゃ回復が早い。

私はちょくちょく寝落ちすることがあるのだが、起きたら喉が痛くなったことがあった。

その時も同じことをする。

喉が痛いことは、その痛い箇所に炎症反応がある。
炎症反応があるということは、そこで戦っている物質がある。

それを応援するだけ。

そうすると、たった3時間で喉の痛みが消えた。
それも、違和感が残ることもなく、完全にのどの痛みがなくなったのだ。

この経験でも明らかに、心と体は繋がっているということである。
具合が悪い時は、まずはどのように心を作るかが、回復のカギを握る。

あなたのまわりを見て欲しい。
ネガティブな感情の人、愚痴が多い人、悪口を言っている人は、体調崩しやすい人が多くないだろうか?
心と体は繋がっていることを意識して欲しい。

先日、Twitterで繋がっている友達がこんなツイートをした。

このAKIRAさんは、最近退院した人だ。
入院中は、手術をして、体の痛みにより食欲もなく、食べられない日々が続き、再手術を控えてても、体力が追い付かないので、手術延期を余儀なくされていた。
メッセージでやり取りをしてて、やはりネガティブな気持ちが強く、どうにか前向きになって欲しかった。

そんな時に「自分の体を応援する」という言葉を贈った。

それで勇気を持つことができ、手術も成功し今は退院して元気に過ごしている。

そして、AKIRAさんのツイートは、私にとって、とても嬉しいことだった。

『言葉』というプレゼントは、どこにいても出来る。
そんな気持ちにさせて頂いたし、むしろ、私の方こそ感謝である。

体はよくなるように進めている。
それを純粋に応援してあげるだけ。
それができることで『楽』になるから。

そう信じてみてはいかがだろうか?

動画でも解説していますのでご覧ください。

https://youtu.be/_v5pKmLfou4
ご質問、お問い合わせはこちらからどうぞ♪
友だち追加

私が書いた書籍はこちら♪
見惚れるボディの秘密
https://amzn.to/2MhkFis

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧