物にも念が宿る。

メンタル

物にも念が宿る。

そう思いませんか?

私は物に念が宿っていると感じています。

スポーツの世界においても、自分の持ち物(道具)は大切に扱っていますよね。
野球で言えば、ボールに想いを込めて投げるとか、バットにも気持ちを伝えてバッターボックスに立つとか、案外、身近にやっているのではないでしょうか。

物に念を込めることで、結果が良かったり、内容が良かったりした経験は少なからずあると思うんです。
だから、そのようなルーティンを行ったりする。

物もそれに応えようとします。

験を担ぐことも近いですよね。

私はボートレーサーのサポートもしていますが、話を聞いていると面白い現象が起きています。

それは、エンジンが悪いと思っている選手は、悪い結果になっています。
エンジンが悪くても、そのエンジンに感謝して一緒に戦っている選手は、まずまずの結果を残しています。

この差は一体なんだろうか?

それは、「悪いと思っているから悪くなる」
すなわち「そう思ったらそうなる」という現実を自分の思い込みで作っているということです。

「このエンジン全然でない!ダメだ」
「今回のエンジンめちゃくちゃ悪い!」とか、言葉でハッキリ言います。

だから、結果が悪い。
それに気付いている選手ってあんまりいない印象があります。

たとえエンジンが悪くても、「このエンジンで勝てるならば、俺の腕は良い!」とか、「このエンジンで勝つ!」という気持ち。
そして、自分の命を預ける物として、感謝の気持ちで接して大切にする。
これだけで、結果はかなり違うのです。

実際に、そうやって結果を残し、強くなっている選手がいます。

物には念が宿ります。

物にも固有振動、固有波長があります。

それに伴って、お互いに影響を受けています。

コンビニにある本を手に取ると、違和感を感じる時はありませんか?
それは不特定多数の人が触っていることが原因ですが、立ち読みした人の念が本に宿っているのです。

なので、私はコンビニや本屋さんで本を購入する場合は、できるだけ違和感を感じない本を選択して購入しています。
ただ単に新品がいい♪っていうだけなんですけどね(笑)

あなたはどんな想いで物と接しているでしょうか?

雑に扱うと、すぐ壊れるし無くなります。

大切に扱ったものは長持ちします。

ご自身の持ち物は、自分のパートナーとして大切に扱っていきたいものですね♪

物を大切にすることは当たり前なことですけど、今一度考えていきましょう。

物にも念が宿る。

その意識を持ってみてはいかがでしょうか?

最後までお読み頂きありがとうございました♪

私が書いた本もよろしくお願いします♪
見惚れるボディの秘密
https://amzn.to/2MhkFis

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧