鬱克服へ。筋トレで心も体も『楽』になる

メンタル

鬱の方が5週間休まず筋トレに来れています♪

その結果として、とても調子がいい。
むしろ、鬱の症状がほとんどでなくなっている。ということ。

表情も明るく、雰囲気もいい感じになっていました。

なにより、付き合う人も変化しているそうだ。

色んな人からお誘いの連絡があって、何かと忙しい。
仕事とプライベートも充実しているとのことでした。

「忙しい」っていう言葉を言っていたので、これを「楽しい」と「充実してる」って言葉に変換してみようか?というアドバイスまで進化しました。

筋トレをスタートして、一番きつかったのは、2週目だったそうです。
この時は、体も怠く、行きたくないという感情もあり、具合が悪いことを理由に、どうにか休もうとしていました。

ラインでやり取りをしていると、体調が悪いのは現実でなく、心がそうさせていたので、無理にでも来て頂きました。
ヒアリング、心や言葉の作り方や近況なども聴きながら、その中で筋トレを入れていきます。

実際に筋トレをする時間って少なかったように思えます。
少ない種目で軽い内容でも翌日には筋肉痛になるくらい、体は弱い状態でした。

そして、4週終えた後、この間言っていたのが、調子がかなり良いということ。
筋肉痛もそんなに無かったということ。
この頃は、種目が増え、強度も上がっています。
なので、本人は「あんなにやったのに来なかった(筋肉痛)」と(笑)

ということで、5週目はしっかり動いてもらいました♪

5週間筋トレをやったと言っても、やったことは週1回60分の筋トレ。
筋トレの時間は実質30分~40分くらい。
お話する時間もあるから、そのくらいの時間になっています。

たった、週1回の筋トレでここまで回復するということ。
11月の時期になると、いつも調子が悪くなるらしいが、今年はその感じが全くないということ。

凄い変化だと思います。

筋トレは心と体を『楽』にするということが、これを見てもわかるでしょう♪

現在、鬱で悩んでいる方が、突然筋トレを行えば改善するというかというと、そういうわけではなく、やはり段階を踏んで進めた方が良いです。

考え方、捉え方、言葉の使い方の学習が必要です。
はじめは全く受け入れることができません。

私が今サポートしている人もそうでした。

「この人、何言っているの?」って感じでしたが、ちょっとずつでもいいので、実践(考え方、捉え方、言葉の使い方)をしてもらいました。
言葉を変えると現実が変わる。
なので、調子が良くなってきたところで、筋トレを実践しました。

筋トレを実践するまでに、10か月かかっています。
もっと早く出来ていれば、回復も早かったのかもしれませんが、本人が「やってみよう!」と思わない限りは、なかなか難しい現実もあります。
なので、「待つ」ということも大切になります。

よい現状が続いているので、このまま進めていきます。

そろそろバーベルスクワットにチャレンジしてもらおうかな♪

最後までお読み頂きありがとうございます!

私が書いた本もよろしくお願いします♪
見惚れるボディの秘密
https://amzn.to/2MhkFis

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧