背中(広背筋)の効きは胸の張りがカギを握る♪

トレーニング

背中(広背筋)の効きは胸の張りがカギを握ります。

背中に効かせる代表的に種目は、「ラットプルダウン」と「ロウイング」です。
今回はラットプルダウンに絞ってお伝えしますが、基本は同じなのでロウイング系でも使える内容です。

背中の種目はどうしても腕を使おうとする人が多い。
その為、背中を丸くして腕だけで引こうとする傾向にあります。

そうすると、なかなか背中に効きにくく、効果的な背中のトレーニングができていません。

では、どうすればいいかというと、胸を張りながら引くということが大切になります。

腕の位置にご注目ください。
腕が体の前に出ていないことがわかると思います。
これがとても大切です。

この時、手の位置が頭より前に出ないように気を付けて行ってください。

腕の引きの位置

肩のラインよりちょっとだけ肘が下がっているのがわかりますよね。
この位置ぐらいでOKです。

これより引こうとすると、手の位置や腕の位置、背中がなかなか効きにくいのでご注意してください。

まずはマシンを使用せず、写真のように動きを確認してマシントレーニングをすると良いですよ!

背中は非常に大切な筋肉です。

まずはしっかり効くような動きと意識で取り組んでみてください。

より良い筋トレになりますように♪

私が書いた本もよろしくお願いします♪
見惚れるボディの秘密
https://amzn.to/2MhkFis

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧