気持ちの「気」は『氣』

blog, メンタル

「病は気から」
っていう言葉がありますよね。

これって本当です。
あなたも一度は体感したことはあるのではないでしょうか?

10月後半になり、気温も低くなってきました。
私の周りでも体調を崩す人が多いです。

ひとつ質問です。
気温が低くなってくるこの時期は体調を崩しやすい。とか思っていませんか?

今の時期に体調を崩している人と話をしていると、この思い込みがあるようです。

一つの真理があります。

「そう思ったらそうなる」というもの。

体調が悪くなる。と思えば、本当に悪くなります。

ということは、今の不調は自分自身で引き起こしている。ということです。

ちょうど今朝の話です。

先日、つい寝落ちしちゃって起きたのが朝の4時。

喉が痛い・・・。

通常なら風邪として受け取ると思います。

私の場合は、風邪として捉えません。

寝落ちから起きた時点で、あることをして再度寝ました。

それは、『氣』です。

氣って氣功の氣?

そうです♪
私は元々氣功をしているので、全身の氣の調整をしました。
それはそれでいいんですけど、一番大事なのは『想い込み』です。

今ある喉の痛みは、必ず柔らかくなって痛みがなくなった。
それは午前中のうちに必ず無くなった。
という思い込みをしました。

そして、朝起きると・・・

なんと!

まだ痛い・・・(笑)

ただ、朝のルーティンと最高の状態をもつように進めていくと、段々と痛みがなくなり、朝9時の時点で全く痛みがなくなりました。

正に病は気からです♪

もし、私が喉が痛いことを、風邪を引いた。きつい、痛い、シンドイと感じて想い続けていると、まだ痛かったと思います。

それを想わなくて、「痛みがなくなった」としたことで、痛みがなくなりました。
ここで重要なのは、過去形として想うことなんです。
「痛みがなくなりますように」では無くなりません。

自分の気持ちをどう作るかで、体の状態も決まります。

今、不調を感じている人は、どう想って過ごしますか?

考える良い機会にして頂けると嬉しいです♪

最後に『氣』について。

気じゃなく氣を使う理由があります。

気というのは、エネルギーです。
語源でも音の意味でもエネルギーを意味しています。

氣と気の違いは、米と〆の違い。

米は末広がりで八方に広がる意味があります。
何より、お米はエネルギーの元ですよね♪

〆の場合は、エネルギーを〆る意味になるので、押さえこんでしまうということです。

どちらを使うかは自由ですけど、何となく『氣』の方が良さげですよね~♪

なので出来るだけ『氣』を使用していく方が物事が良い方向に進む感じがします♪

全ては氣の持ちようです☆

最後までお読み頂きありがとうございました♪

私が書いた本もよろしくお願いします♪
見惚れるボディの秘密
https://amzn.to/2MhkFis

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧