人間は忘れる動物である。

トレーニング, パフォーマンス向上, メンタル

人間は忘れる動物である。

そう思いませんか?

これめっちゃいい!!
やってみよう!!

とかを思う瞬間ってあると思います。

ただ、すぐ実践出来ればいいけど、段々やらなくなったり、すっかり忘れたりします。

これは当然といえば当然で、今まで知らな方ことや出来なかったことは、実際には違和感であり、それを感じると拒否感を覚えます。
だから、段々やらなくなるし、忘れてしまいます。

やっぱり人間は忘れる動物である(笑)

こういう時、どうたらいいのか?

一番簡単なのはメモを取るという行動です。

今はスマホという便利なものがあるので、私の場合はスマホのアプリにメモをします。
グーグルの「keep」というメモアプリがあるので、それに保存してます。

車とかスマホを扱えない時は、メモ帳を隣に置いていつでも書けるようにしています。
案外、車の運転時とか閃きとか発見が多い♪

トレーニングセッション中でも気づくことも多いので、カルテにメモすることもあります。

これらの行動は、気付いたことを忘れないようにする行動です。

もうひとつ、お勧めの方法があります。

それは、思い出す習慣を作るということ。

忘れないようにメモを取る。ということは、案外みんな出来ていると思うんです。
だけど、メモしただけでそのまま放置している場合は多いのでは?

そういう時は、思い出すという習慣を付けることです。

私はkeepに保存していることが多いので、1日1回は必ずkeepを開いて見る。という習慣を行っています。
それをすることで、思い出すし、今日はこれを実践してみよう!っていう気持ちになれます。

保存⇒思い出す習慣⇒実践

良かったと思うことは、実践しなければ身に付かない。

そして、実践をすると違和感を生じます。

これは確実に感じます。

そういう時、どうすればいいのか?

それは、違和感を感じる時は、『成長している』という認識を持つことです。

今までやらなかったこと、出来なかったことにチャレンジすれば、100%違和感です。

その違和感を「成長している」と捉え、「成長している」ということを、『喜び』として感じればワクワクすることになるし、どんどん成長していきます。

『違和感は成長の証』として楽しい気持ちで捉えてみませんか?

ではでは、本日もより良い1日になりますように♪

最後までお読みいただきありがとうございます!

私が書いた本もよろしくお願いします♪

見惚れるボディの秘密

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧