筋トレは自己肯定感を育ててる♪

メンタル

筋トレは自己肯定感を育てます♪

パーソナルトレーニング中、筋トレをしている人を観察していると、ふと「私凄い!」とか「私よく頑張ってる」とポロっと言う。
この言葉って、私に向けて言ったのではなく、自分自身に向けて言っているということ。

これこそ正に自己肯定♪

筋トレはキツい。
キツイのは紛れもない事実。
その中から、自然と「私って凄い!」という言葉がでることは、筋トレだからこそって感じがします。

キツイことをしているから、その言葉が出る。

逆を言うと、キツイことしなかったら、その言葉も出ない。

日常で考えてみたらどうだろうか?

日常でキツイことって何だろ?

仕事とか、家事とか、人との付き合いとか、何かしらキツイことってあると思うんです。
このキツイことって、一般的にストレスって言いますよね。

このストレスを感じる瞬間っていっぱいあるし、そのストレスが原因で体を壊す人も多い。

このストレスを筋トレを見立ててみるといいのです。

そうすると、この言葉が出てこないでしょうか?
「ストレスを感じているけど、頑張っている私って凄い!」と(笑)

ぶっちゃけ、凄いんです♪

そう思うと、そのストレスが薄くなる。
感じにくくなってきます。

これが自己肯定の力。

ストレスはダメだから、ストレスを無くそうという行動が、ストレスを更に生み、きつさを増していきます。

ストレスを受け入れ、そこに向き合っている自分自身は「凄い!」とか「よく頑張っている私」と認めてあげることが、最善の方法だと考えています。

この力を養うのが、筋トレ。

筋トレはキツイし、それ自体がストレスだけど、「筋トレを頑張っている私って素敵」って思いやすいです。

筋トレは自己肯定を育て、心も成長させます。

日々のストレスで悩んでいる方は、筋トレをすることをお勧めします♪

そして、先日から鬱を患っている人のトレーニングが始まりました。

慢性的な運動不足なので、軽めからのスタート。
その軽めでも、今日は筋肉痛と言ってました(笑)

カウンセリングと筋トレの融合です。

筋トレウォーキングマシンでは、「ありがとう」「感謝します」「ついてます」という3つの言葉を出しながら歩いてもらいました。
今回は周りに人がいたので、心で想ってもらいましたけど(笑)

今日の朝の気分はスッキリしてたそうです。

筋トレは自己肯定力を育ててくれます。
ただ単に、体作りとして筋トレをするのではなく、心の部分にもちょっとだけ見てもらえると、新しい発見に繋がりますよ♪

最後までお読みいただきありがとうございます♪

私が書いた本もよろしくお願いします♪
からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧