「できる」というセルフイメージがパフォーマンスを引き上げてくれる♪

ダイエット・減量, パフォーマンス向上, メンタル

先日、ヤフオクドームリレーマラソン20019に参加してきました♪
私は初めての参戦です。

私は筋トレはしていますが、ランニングという有酸素運動はほとんどやりません。
ということもあり、無事に走れるかという心配はありました。
数回は外を走りましたが(笑)

「走ることはキツイこと」

このイメージがあると、100%キツイ走りになっちゃいます。。。
ただえさえキツイのに、自分自らダメージを与えているとうこと。
体にも心にも負担をかけています。

体はしんどくても、心は元気でいれば体にかかる感じ方も違います。

「きつくない、きつくない」と思えばいいのか?

それはちょっと違います。

「きつくない」は、前提に「キツイ」という要素があるので、キツイイメージを植え付けることになります。

では、どうすればいいのか?

「楽しい」に変換することなんです。

昨日、私が実践した「楽しい」の作り方の例です。

ヤフオクドームのグランドで走れる感動が一番でした。
その感動が楽しみになり、ワクワクして走ることが出来ました。
本当は、「ここで野球したい。。。」ていう気持ちもあったんですけど、なかなか入ることができない場所で、走れるという楽しみを味わいました。

その楽しみを元に、「ありがとう」と「感謝」の気持ちで体や筋肉に語り掛けました。
そうすると、体が軽く、足の運びもスムーズで、きつさはあっても全然大丈夫♪という気持ちで走ることが出来ました。

思った以上のスピード感がありました。

自分の体を信じることは大切ということ、「私は出来るというセルフイメージ」に繋がりパフォーマンスを引き出すことに成功したのです。

この思考は、どのスポーツに当てはまります。

その日によって調子がいい悪いがあると思います。
そんな時に、どう想い、どんな感じでイメージさせるかがカギを握ります。

思い込みの部分は自分でコントロールできます。

いいイメージを作れるかどうかは自分で作れます。

スポーツの前にどんなイメージで入りますか?

試合に挑む前に、一度考えてみてはいかがでしょうか?

この記事読んだ方が、パフォーマンスが引きあがることを願っています。

今回もお読みいただきありがとうございます♪

ラジオでも軽くこの辺の話をしていますので、良かったらお聴きください♪

https://youtu.be/BLQhD-4MiWc
※最初の数分、CM中、曲中は無音です。

私が書いた本もよろしくお願いします♪
からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧