肩こりや肩の張りの原因を知っておこう♪

柔軟性やストレッチ

肩こりや肩の筋肉の張りの原因は、『運動不足』です♪
というのは何度も言っています。
ただ、運動不足だけでは、よくわからないと思うんで、今回は肩こりになっている原因を知って頂きます。

胸の筋肉と脇あたりの筋肉の硬さ

肩こりの大きな原因のひとつとして、胸の筋肉(大胸筋)、脇あたりの筋肉(前鋸筋)の硬さがあります。

大胸筋の硬さは、10人中9人は硬い。
柔らかい人は稀なくらい皆硬いです。

そして、前鋸筋の筋肉も硬い人が多い。

両手をバンザイして、手の甲と甲を合わせた時、肘が曲がっていたり、腕が耳より後ろにいかなければ硬いということです。

この大胸筋と前鋸筋の硬さは、年齢関係なく誰でも硬くなります。
特に、18歳を超えてくると顕著に現れてきます。

肩こりを改善するためには、凝っている部分、痛くなっている部分をほぐすのではなく、大胸筋や前鋸筋の柔軟性の向上が必要になります。
やり方や方法がわからない方は、まずは鉄棒でもいいのでぶら下がってみてはいかがでしょうか?
この方法でもいい感じに改善していきますよ♪

肩甲骨のポジション

ちょっと難しいかもしれませんが、大事なところなんで、お伝えしていきます。

肩甲骨のポジションが悪い方が結構いらっしゃいます。
どうなっているかと言うと、肩甲骨が左右に開いている状態。

分かりやすく言えば、猫背になっているということです。

見た目猫背じゃなくても、肩甲骨の部分をみると開いている人が多い。

開いている人のほとんどが、肩こりになっています。

この肩甲骨を少し内側(背骨側)に引き寄せるようにすると良いです。
ただ、前述したように大胸筋や前鋸筋が硬いと、引き寄せにくいです。
というより、引き寄せると辛いです。

肩甲骨のポジションを正しくするためにも、やはり、大胸筋と前鋸筋の柔軟性が必要となってきます。

肩こりでは、胸あたりの筋肉は無縁のような感じもすると思いますが、大きな影響を与えているということを知っていてください。

マッサージでなかなか肩こりが改善しない人は、大胸筋や前鋸筋のストレッチを。
もしくは、ぶら下がりをしてください。

当然ながら、「筋トレ」もやりましょう♪
これが一番改善します(笑)

あ、あとストレッチポールはお勧めですよ♪

私の書籍もよろしくお願いします♪
からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧