柔軟性を高めるためには?

柔軟性やストレッチ

こんにちは!
今回は柔軟性についてです。

柔軟性を高めるには、当たり前ですがストレッチが必要です。

ストレッチ出来ているでしょうか?

柔軟性を高めたければストレッチを行うことは常識です。
ストレッチを行う時のポイントをお伝えします♪

☆効果がでるストレッチのポイント☆
・伸ばす時間は20秒以上。出来れば60秒近くは伸ばしたい。
・呼吸は長く細く吐きながら
・筋肉を伸ばす意識より、『ほぐれる』『緩む』感覚や意識が好ましい
・日常の隙間時間を全てストレッチに充てる(頻度が重要)
・関節の方向や筋肉の走行に沿って伸ばす
・関節の角度やポジションを考える
・体の力みを抜く、リラックスする
・筋肉が伸びている状態をイメージしながら行う
・精神的な落ち着きが効果を高める
・反動を使用しない
・柔軟性と筋力をバランスよく高める

各項目を細かく説明すると、膨大になるので、ちょくちょくブログで書きますね♪
柔軟性を出すにはストレッチ。
上記の大事な項目を意識して取り組んでみてください♪

そして、柔軟性が欲しければ、毎日ストレッチをしよう!
これめっちゃ大事です☆

ではでは、また次回♪

私が書いた書籍もよろしくお願いします♪
からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/ラウンドボタン

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧