〇〇したい!という希望より、〇〇する!と断言する。

blog, メンタル

こんにちは!
目標や夢ってありますよね。
そんな時、「〇〇になったらいいなぁ」とか、「〇〇したい!」とかの気持ちはあると思います。

「〇〇したい!」というのは希望。

希望はあってもいい♪

希望がきっかけで、モチベーションがあがり、それに向けて取り組むことは出来ます。

ただ、その願いが叶うかというと・・・。

現実的で言えば厳しい。

なんで厳しいの?

それは、希望的願いになると、今現在そうなってないという思い込み(意識)があるからです。
ん?当たり前やん(笑)
なってないから、そうなりたい!っていく希望があり願いがありますよね。

なんで叶いにくい現実になるのか?

もう1回言います。
現在そうなっていない現実を意識し続けているから。
意味合い一緒じゃん(笑)

要するに、その『意識』のことを指しています。
希望的意識を持ち続けても、「〇〇したい!」という現実だけが続くだけということを知って欲しい。

意識の中では、「希望的現実になっていない」ことをイメージしているので、そのイメージ通りの現実がひたすら続くだけなんです・・・。

意味わかるかなぁ・・・。

深層意識、意識レベルで考える必要があります。

本当になりたい姿や希望、夢があるなら、出来るだけ断言する。
断言した意識を持とう!という意味です。

「私は〇〇になっている!」
「〇〇になった私がそこにいる!」
「海賊王に俺はなる!」と(笑)

断言して決定させていく。
そうすれば、その姿になっているイメージがリアルに持ちやすい。

もう少し、突っ込んでいくと、断言だけでは足りてなくて、実は、「もう〇〇になっていることは、決まっている」という意識があると尚良いです。

もうすでに「そうなることが決まっている」ということを前提にすることで、そうなっている行動をするようになります。

決定しているので、その意識が続き、なりたい姿になれることが出来ます。

そして、結果意識と行動の意識。

ん~、ここの話をすると、長くなりそうなんでつづきにします。

ではでは、今回のお話がお役に立てると嬉しいです♪

私の書籍もよろしくお願いします♪
からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
http://tsujiyousuke.com/2019/02/18/kintoreseitai-2/

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧