惨敗から学ぶこと。

パフォーマンス向上

こんにちは!
先日は、ソフトボールの試合でした。
今回の試合は、リーグ前半戦で大事な試合。

そんな試合なのに結果は惨敗。。。

私が打たれた。

練習の成果が発揮されず、残念な結果となったのです。

せっかくなので、今回の私のピッチングについて紐解いていこうと思う。

投球フォームの違和感

ひとまず、初回は投球フォームの違和感を感じていました。
具体的には、プレートに足を置いた後の動作が「あれ?どうするんだっけ?」という感覚がありました。

投球練習は5球。
その中で、取り戻すように心がけました。

そして、違和感は減少したものの、そのまま試合に入ることになりました。

腕の振りの小ささ、ブラッシングの精度の低さ

客観的に感じるのは、腕の振りの小ささがあったように思えます。
これはメンバーにも言われました。
そして、ブラッシングの腕の引っかかりが甘いことが度々あり(ほとんどかな)、その為、いつも投げているストレートと違い、伸びのないストレートになってしまいました。
打たれた大きな理由はここですね。

メンタル的影響

しっかり投げないといけない!っていう心境は少なからずありました。
気負っていた部分もあったと思います。
ストライク先行、打たせていこうという想いもありながら、抑えていこうという気持ち。

やはり、高校時代から克服しないといけない部分である、フォアボールを出さないように。という意識がありました。
ということは、ストライクを取りに行く。
置きに行ったボールが多かったってことです。
それを綺麗に打たれた。

イニングの中で修正も追いつかなかった。

腕を振って思い切って投げよう!という気持ちも当然ながらありました。
それでも、ダメだった・・・。

高校時代にイップスを経験しており、その思い出がフラッシュバックします。

ただ、ここは乗り越えていく壁です。
高校生の頃と違って、乗り越えられるための知識とスキルがあります。

今後はその取り組み方で決まると考えています。

成功体験と自信

成功体験を積んで、自信をつけていく。
特に小さな成功体験が重要になります。

今後はそこを基本に取り組んでいきます。

そして、イメージとリアルとの融合。

それを実践で生かしていく。

あとはとにかく実践です。
実践での経験を増やし、改善と修正を進めていきます。

どんなにいいピッチャーでも、炎上することはあります。

そう思って切り替えて、次の試合に向けて準備していきます。

勝負の世界ってやはり面白い♪
チャレンジできる環境があることは、本当にありがたいことだと感じています☆

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧