姿勢について考えてみる。

未分類

こんにちは!
今回は姿勢についてのお話です♪

「あなたは姿勢が良いですか?悪いですか?」と質問すると、ほとんどの方がこう答えます。

「私姿勢が悪くてねぇ。。。」と。

「私!姿勢いいんです!!」っていう感じに言う人と、今まで出会ったことありません。。。

ほとんどの人が姿勢が悪いって思っています。

良かったら誰かに聞いてみて下さい。
皆、姿勢悪いって言うんで(笑)

姿勢が良い状態って?

姿勢が良い状態ってどんな状態なんだろう?

直立した姿勢で、耳から肩、骨盤(大転子)、くるぶしの前側、が一直線になる姿勢が良い姿勢とされています。

これ基本となっています。
姿勢を見る時は、そうやってみています。

ざっくりで言えば、猫背になっていないかどうかで十分かなとも思います。
ってか、ほとんどの人が方が前に入っています。。。

私の中では、この姿勢が良いから良いとは思っていません。
あくまで目安であり絶対ではないと考えているからです。

その理由を次に説明します。

1日に直立不動でいる時間ってどれくらいある?

質問!
1日の中で直立不動でいる時間ってどれくらいありますか?

私は、、、ほとんど無いような気がします。

守衛さんとか、警備とかの人は、直立不動が仕事になっている人は、その時間は長いでしょうけど、ほとんどの方はそうじゃないはず。

そして、人間って動く動物です。

なので、静止して立った状態で良い姿勢になったとしても、動きの中で姿勢が崩れてしまっては意味がありません。
ということは、動きの中での姿勢を見ないといけないということですよね?

人間活動している中で、一番多く行っている動作は歩行です。

歩行の姿勢を見直し、改善させることが大切だと思いませんか?

歩く姿勢について

意識的に歩行している人ってかなり少ないと思います。
職業的に必要な人、見栄えが必要な人はその辺は鍛えられていると思います。

歩行についてあまり関心のない一般の方は、ちょっとだけでもいいので気を配ってみてはいかがでしょう?

姿勢は軽く胸を張った状態で良いです。
そこから、足裏全体で着地。そして、股関節(脚の付け根)から動かす意識、膝とつま先がまっすぐになるようにすると良いです。

よく踵から接地しましょう!っていう説明を見たり聞いたりしたことがあります。
私はこの方法はお勧めしません。
なぜなら、踵の位置は骨(踵骨)があります。
その骨に、ダイレクトに衝撃を与えてしまいます。

この衝撃を甘くみたらいけません。。。
膝、腰の負担だけでなく、肩や首までに及びます。
痛める危険性がありますので、気を付けて頂きたいです。

設置は足の裏全体で置くようにすると良いです。
土踏まず(アーチ)がクッションの働きをしてくれて、負担の軽減をしてくれますよ♪

姿勢を良くしたいなら筋力を鍛えよう!

当然ながら姿勢を良くするために筋力を鍛えていく。とても大事なことです。
高齢の方が、背中や腰が丸くなって歩く姿は見たことあるでしょう。
なぜ、そうなるのか?
それは、体幹の筋力が低下したからです。

んじゃ、体幹を鍛えればいいんだ!ってなると思いますが、体は体幹だけではありません。
沢山の筋肉と共同して体を動かしています。

なので、ここの筋力だけを鍛えればOK!という考えをやめた方が良いです。

全身まんべんなくバランスよく強化することが必要です。

ここでポイントは、筋肉を使うのではなく、筋力を強くするということです。

筋力を強くするにはコツがあります。
そのコツは、、、、
長くなるのでまた今度・・・。

私の書籍では解説していますので、良かったらご覧ください。
からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~
今回の記事があなたの姿勢改善の役に立てれば幸いです♪

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧