思い込みを克服する!メンタルアプローチ♪

メンタル

こんにちは!
今回は思い込みを克服する!メンタルアプローチというお話です。
私自身のことを記事にしました。

現在、ソフトボールチームに入っています。
月に2日、日曜日に公式戦があります。
昨日は、その公式戦でした。

今回は、4番でピッチャーで任されることになりました。

私自身、ソフトボールのピッチャーの経験はなく、ウインドミル投法はめっちゃ初心者です(笑)
そんな中、感じたことを記事にします。

イップスのフラッシュバック

私は高校球児時代に投手をしていた時期がありました。
その時、イップスになってしまいました。
ストライクがどうしても入らないという状態。。。そこから、投げ方がわからなくなってしまいました。
その時代は、イップスという言葉もなく対処法もありませんでした。
とてつもなく、苦痛でどうしようもない闇の中を彷徨っていました。

投げ方はある程度戻り克服はしましたが、高校時代は投手に戻ることはなかったです。

投手をすると、その時の頃を思い出すのです。

「ストライクが入らなかったらどうしよう・・・」と。

そんな心配や不安事がよぎります。
本来は、こんなメンタルでは良い投球は出来ません。

そこで私がやったことは、「バックを信頼する」ということ、「打ってもらう」という意識で投球しました。
ちょっとくらい荒れてた方が打ちにくいので、ストライクに固執しないことを心に決めて投げることにしました。

そうすることで、ストライクが入る入らないの不安や心配事はなく、冷静な気持ちで投げることが出来ました。

心配事は取り越し苦労

基本的、心配事の多くは取り越し苦労です。
そこにフォーカスすると、心配事を意識しやすく良いパフォーマンスを発揮することはありません。
それより、今ベストを出すにはどうすればいいのか?を考え行動することです。

結果はあくまで結果。
誰にもコントロールできないものが結果です。

なので、結果が出る出ないの心配をするより、今出来ることをしっかり発揮させればよいのです。

ちなみに昨日の試合は負けました。。。

投球も課題が多い、、、
練習することも沢山。。。

ただ、またプレーヤーとしてチャレンジできることは、とてもありがたいことです。
そして、そこに成長を感じるし喜びもあります。

いつもはトレーナーとして、アスリートのサポート側ですが、プレーヤーとして実践ができ自ら実験もできる(笑)
それが、サポートアスリートの指導にも繋がっていきます。

過去にとらわれず今を見る

過去は過ぎ去ったものです。どうあがいても変えることのない事実です。
だけど、過去に得たものは経験です。
これを生かすも殺すも自分次第。

悪いイメージで入ると結果はそうなります。

ということは、過去に経験したことを、いかにプラスに変換し、今目の前のプレーに繋げることが大切です。

必ず良いプレーも出来る!良いパフォーマンスを発揮して活躍している!
そんな気持ちでプレーしてみよう!

良いメンタルの状態だからこそ、良い結果に繋がることが出来ますよ!

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧