原因探しの沼地から抜け出そう♪

メンタル

こんにちは!
今回は原因探しの沼地から抜けだそう♪っていうお話です。

何かにチャレンジしたこと、スポーツのパフォーマンスや結果、日常生活で何かミスしたことなど、上手くいかなかったことには何か原因があると考えます。
当たり前のことなんですけど、実はこの原因探しをすることは、逆に悩みや迷いを生じることになるのです。

「何でそうなったんだろう?」
「その原因が必ずあるはずだ!」
「原因を見つけなきゃ!」
と躍起になればなるほど、原因探しの沼地にハマっていきます・・・(笑)

原因にはキリがない

原因にはキリがありません。
原因を見つけたとしても、まだ他にあるのでは?と考えてしまいます。
沢山、原因が出てきたとしても、果たしてそれが本当の原因なのか?
という疑問ばかり出てくる結果になっちゃいます・・・。

なので、キリがないのです(笑)

ダメな部分を埋めることをやめよう!

ダメだった部分を見つけ(原因)、そこを埋めようという考え方をやめましょう。
機械であれば壊れた部分を修理したり、取り換えたりすればOKですが、私たちは人間です。

自分自身をそんな扱い方をして欲しくないのです。

ダメを見つけるということは、ダメにフォーカスしています。
ダメという意識を確定させていて、ダメな世界やその現実をどんどん作っていくことになるのです。
良くなろうとしていても、逆にダメな方向に意識が向いているので、ダメ側に進んで行っちゃうのです。

だから、原因ももっと探しちゃうし、沼地にどんどんハマっていく。。。

今出来るベストなことをやってみよう♪

原因探しの沼地にハマらない為に、どうすればいいのか?
それは、『今出来るベストなことやってみる』ことです。
今出来ることにチャレンジして、挑み続ける気持ちをもつことです。

上手くいかなかった原因って、何となくわかっていると思うんです。
それをわざわざ洗い出して、悩みや迷いに繋がるくらいなら、私はやめた方がいいと考えています。

原因がわからないから動けないやん!
っていう声が聞こえてきそうですが、動けない理由は原因じゃなく恐怖心です。
また失敗やミスしたらどうしよう。。。
恥ずかしい思いをしたら嫌だな。という心理が働いています。

結局、原因がわかっても行動に繋がらなければ、全然意味がないのです。

それならば、今出来るベストなことを選択して、まずはやってみること。
やってみてそこで気づくことを大切にする。
そして、またやってみる。

その繰り返しが、成長や結果に繋がります!

自分で原因を作って動けない現実を作っていませんか?
迷い、悩み、恐怖心はあると思います。

一歩踏み出してみないと、現実は何も変わりません。
一歩踏み出してみて、あなたが望んでいる未来に進んでみませんか?

この記事を見ているということは、それが出来る人です。
是非、チャレンジを♪

今日も読んで頂きありがとうございます♪

私の書籍もどうぞよろしくお願いします♪
からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧