バッティングは力の伝達スキル

blog, パフォーマンス向上

こんにちは!
今回は野球のお話。

バッティングは力の伝達が大事です。
なかなかボールが遠くに飛んでいかない。力強い打球が打てないのは、ボールに力を上手に伝えていないからです。

スイングフォームも大事だが、インパクトの感触を大事にしよう!

強い打球を打つために、日々フォームの研究、スイングの軌道、バッティング練習はやっているでしょう。
強い打球を打てないのはスイングが悪いから。となりやすいです。
もちろん、スイングの要素はありますが、まず大事なのは、インパクトの感触です。

バットの芯に当たれば、手にかかる衝撃が全くありません。
まずはこの感覚ができているのかどうか。
出来ている中で強い打球を打ててない場合は、他の要素があります。

他の要素は、スイングスピード、バットの軌道、打点の位置です。

この中で大きな部分は、打点の位置です。
力が伝わらない位置でのインパクトは、強い打球を打つことが出来ません。

ここの見極めは結構難しいかもしれません。
今は、動画で撮影したり、スローでも撮影できるので、ご自身の打っている姿を記録することをお勧めします。
そして、誰かと見比べることです。
プロ選手もOKです。
自身で発見し、気付くこと。
ここめっちゃ大事です。
気付けば、改善に向けて行動ができます。

バッティングは力の伝達スキルが重要である。ということを念頭において練習に励んでください。

今回バッティングでしたが、道具を利用したスポーツはどれも同じことが言えます。
ゴルフ、バトミントン、テニスも同様です♪

私が書いた書籍も販売しております♪
からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧