イメージ出来たことはある程度できるようになる。

blog, パフォーマンス向上

こんにちは!
スポーツでも何でもそうですが、イメージ出来たことは、ある程度できるようになります。
逆を言えば、イメージ出来ないことは出来ない。。。

スポーツにおいて上達というのは、誰もが望むこと。
競技の練習はしっかりしているけど、イメージの練習はしているのか?
今回はそんなお話です。

俯瞰力をつける

俯瞰力。それは、客観的に自分を見れる能力です。
私の教え子で、ボートレーサーがいます。
若くして最優秀新人賞とったり、平成生まれ初のG1優勝とか大活躍中です。

そんな彼の優れているところは、俯瞰力です。
客観的に自分のことを見れている感じがあります。

恐らくレース中でも、リアルな水面の映像と、テレビ画面で見るような上から見えている映像が同時に見えていると思います。
この上から見えている感じが俯瞰するということです。

実際の競技中、練習中にそのような映像を見れていますか?

イメージトレーニングで鍛える

今ではイメージトレーニング(イメトレ)も定着しつつあります。
イメトレのコツは、リアルな視点と、先ほど言った俯瞰する客観的視点で見ることがコツとなります。
そして、五感をしっかり使うこと。
視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚です。
リアルな場面をイメージすると良いですよ♪

洞察力を身につけよう!

イメトレと同等に洞察力が非常に重要です。
上手い人、プロで活躍している人、理想としている選手がいれば、よく観察をして良いところを沢山取りだしていきます。
その取り出す数が重要で、気付くか気づかないかは、今課題にしている要素で変化していきます。

打撃に課題なら、打撃で課題にしている部分に気づきやすい。
守備に課題なら、守備で課題にしている部分に気づきやすい。

この気づきは、「もっと上手くなりたい!」と強い想いがある時に発動します。

単に見ているだけでは気付きにくいもの。
上達を本当に望んでいると、色んなことに気づきます。

あなたはいかがですか?

洞察力も鍛えてスキルアップしていきましょう!

書籍もよろしくお願いします♪
からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧