筋肉を成長させる。30秒~60秒以内がミソ♪

blog, パフォーマンス向上

こんにちは!
いい体を作りたい人向けに今回の記事です♪

良質な筋肉を作るためには

良質な筋肉を作るためには、しっかり筋肉を使うことが必要です。

私がいつも言っている筋肉は意識しない、関節可動域の話は筋力アップやパフォーマンスの話です。

今回は筋肉を使って、いい体を目指したい!っていう人向け用です♪

乳酸を出そう♪

筋肉トレをしていると発生する物質があります。

それは、乳酸♪

乳酸菌と違いますからね~(笑)
結構、同じと思っている人が多い。。。(笑)

筋肉を使い続けると、乳酸が発生します。
俗にいう疲労物質として認識されていますが、乳酸はエネルギーとしても活用されています。

この乳酸が発生した同時に、筋肉がパンパンに張ってくる感じが出てきます。

これをパンプアップといって、筋肉に血液が充血した状態のことを言います。

いい体を作るボディメイクでは、このパンプアップがカギを握ります。

筋肉を肥大させるには、パンプアップが必要になるのです。

反復回数と時間

パンプアップさせる反復回数が、約8回~12回。種目によっては20回近くかもしれません。

このようにアバウトなのは、反復継続時間が関わっているからです。

乳酸が発生する時間は、30秒以降から発生しやすくなります。

これは筋トレの強度によって変化します。

パンプアップさせたい、筋肥大の効果を生みたい。というのは、最低でも30秒間は反復を繰り返す必要があります。

乳酸が発生しだしたら、突如、体が動かなくなる。
ここの部分では、一気に乳酸が発生した場所です。
これを乳酸性作業閾値と言います。

専門用語も出てきましたが、簡単に言えば、30秒~60秒以内で乳酸を発生させて筋肉をパンパンにすれば、いい体になりますよ!
っていうことです(笑)

60秒は超えない方がいいですよ~

出来るだけ50秒以内で完了することが理想です。

筋トレしていて、なかなか筋肉がつかないと悩んでいる方は、この部分を参考にしてもらったらいいですよ~

回数のこだわりから、時間を参考にして反復してみる。

一度やってみてはいかがでしょうか♪

書籍もよろしくお願いします♪
からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧