強くなった筋力を活かし、パフォーマンスアップへ♪

blog, パフォーマンス向上

強くなった筋力を活かすこと。

 

 

せっかくトレーニングによって筋力や体力が向上したならば、それを活かしていきたいものです。

 

 

その為のトレーニングってやっていますか?

 

 

ここのガイドラインは、競技によっても変化するものですけど、競技特性に関係なくやった方が良いものや、考え方をお伝えします。

 

 

考慮していきたいところは、体軸、バランス、力のベクトル、体軸からの力、そして、「芯」です。

 

 

通常のいわゆる筋トレという方法は、部分的に刺激を与えて強化させる手法です。

 

 

多くは手や足から動作が始まるので、通常の動作を逆の動き方をしています。

 

 

そこで考え方を変えていきましょう。

 

 

体の動作は、色んな体の場所と連動して動いているので、そこを考慮した筋トレをしていきたいということです。

 

 

力を伝えたい場所に上手に力を伝えること。
例えば、投げるという動作の最終動作は、指先からボールがリリースされます。

 

 

手や指先は、動作の最終段階というわけです。

 

 

わかりやすく言うと、
体幹⇒下肢・上肢に力を分岐⇒接地したパワー上肢へ⇒肩甲骨から力を経由⇒腕から指先に力が伝わる⇒その力がボールの「芯」にピンポイントで伝わる。

 

 

この流れでボールを力強く投げることが出来ます。

 

 

筋力がめちゃくちゃあっても、速い球が投げられないというのは、この流れが上手くいっていないということです。

 

 

要するに体の使い方。

 

 

ここのスキルが必要ということです。

 

 

投げるというスキルは、投げるという動作で磨かれていきます。

 

 

トレーニングでは、ここに繋がる為に前段階を鍛えていくのです。

 

 

体の使い方の基本を習得する。という意味合いです。

 

 

ここのスキルを高める為のトレーニングが、『体幹連動性』と私は呼んでいます。

 

 

その一部の方法。

 

 

手や腕を固定したまま下肢を動かす方法。

 

 

軸を安定させて全身の力や体幹力を安定させて脚を動かすトレーニング。

 

 

体軸を作り、体幹からの力を腕や手に伝えウエイトを引き下ろすトレーニング。

 

 

 

 

この2種目は、力の使い方が上手くないと、姿勢が崩れウエイトを扱うことができません。

 

 

最初のうちは難しい種目です。

 

 

ポイントは、筋肉を使うというより、筋肉が使った感じが無い状態で、ウエイトを扱えることが理想です。

 

 

是非、チャレンジしてみて下さい♪

 

 

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~

 

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧