頑張り過ぎている自分を褒めていますか?

blog, パフォーマンス向上

頑張り過ぎている自分を褒めていますか?

 

 

トレーニングでも仕事でも、スポーツ、日常でも頑張っていることは多いと思います。

 

 

まだまだ頑張りが足りない。。。
って思っている人も多いと思います。

 

 

その気持ちは悪くないですし、それで奮起できればOKです。

 

 

ただ。。。

 

 

その気持ちが自分自身を追い込む可能性があります。

 

 

その状態が続くと、心が疲弊し、何もやる気が起きなくなってきます。

 

 

その状態が続いてしまうと鬱になってしまうかもしれません、、、

 

 

頑張らないといけないけど、何もやる気が起きない。。。

 

 

という時は危険サインです。

 

 

こういう時は、休むに限ります。
休めない!っていう人もいると思います。

 

 

そういう人は、『自分自身を褒める』こと。

 

 

自分自身を労って褒めること。
ご褒美もあげてもいいと思います。

 

 

「皆が頑張っているから私も頑張らないと・・・」

 

 

心が疲弊している時は、この思考は危険です。

 

 

私は私。

 

人は人。

 

 

私は十分頑張ってる。
だから私は凄い。
私って最高!

 

 

という思考に変換してみることをお勧めします。

 

 

あと、『頑張る』という言葉を極力避けること。

 

 

頑張る。という言葉は、前向きな言葉に聞こえますが、実はネガティブな要素が含まれていることが多いのです。

 

 

頑張るの語源は、「我を張る」です。
自分を押し通すって感じですね。。。

 

 

ベクトルが自分自身に向いているんです。

 

 

頑張らないといけない。
〇〇しなければいけない。
〇〇出来てないからダメだ。
ということを自分自身に向けることになります。

 

 

前向きに声かけてるつもりが、ネガティブなことを言ってることになります。
それで、どんどん自分を追い込んで疲れていくわけです。

 

 

頑張るという言葉を使わず、自分自身を褒め、肯定していくこと。

 

 

「ありがとう」と
「感謝」の言葉を沢山使っていくこと。

 

 

これが、物事を前向きにスムーズに進めていくポイントとなります。

 

 

最近では、心が疲弊している人が多くなっている印象があります。

 

 

そんな方の為に、今回はこのような記事を書いてみました。

 

 

少しでも心が楽になって欲しいという想いを込めて。

 

 

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧