安全に筋トレする為のセット数の組み方♪

blog, パフォーマンス向上

1種目につき数セット行っている人は多いでしょう。
今回は安全に筋トレする為のセットの組み方をお伝えします。

 

 

簡単なセットの組み方として参考にして頂けると嬉しいです♪

 

 

例えば20㎏10回を3セットと決めるとします。

 

 

この場合、20㎏がメインになります。

 

 

いきなり20㎏で行うと、ケガのリスクが生じます。

 

 

なので、事前のセットを入れてメインに移行していきます。

 

 

目安として、メインの50%の重量をウォーミングアップとして行います。

 

 

メインの重量が20㎏なので、この場合10㎏ですね♪

 

 

10㎏を10回。

 

 

そして、次に15㎏を5~8回

 

 

18㎏を1~3回。

 

 

ここまでやってメインの20㎏を行っていきます。

 

 

20㎏を10回行い、余裕があれば21㎏、22㎏と重量をアップして数セット行っていきます。

 

 

限界に近いと重量アップは難しく、逆に重量ダウンすることもありますが、基本的に上げていく方向性で問題ありません。

 

もうひとつ例をあげます。
スクワットを100㎏でやる場合。

 

 

バーベル(20㎏)を10回
50㎏を10回
70㎏を8回
80㎏を5回(ここのセットがなくても構いません)
90㎏を3回

 

 

ここまで行って、100㎏からセットのスタートです。

 

 

このように刻んだセットを入れることはメンドクサイかもしれませんが、安全性を考えた場合、これくらい慎重に行った方が良いです。

 

 

「安全に」「効果的に」「楽しく」

 

 

この3つを前提に筋トレを楽しんでいきましょう!

 

 

書籍もよろしくお願いします♪
からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~

 

 

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧