筋トレの動きとスポーツの動きは逆である♪

blog, パフォーマンス向上

筋トレの動きとスポーツの動きは逆。
ということはご存知ですか?

 

 

例えば、ベンチプレスは大胸筋を使う種目ですけど、腕から始動しますよね。

 

 

レッグプレスは大腿四頭筋、殿筋の種目ですけど、足から動きます。

 

 

スポーツではどうでしょうか?

 

 

投げる動作は、脚をあげて踏み出し、脚から動かしている感じですが、最終は手の指先でフィニッシュします。

 

 

手先だけで投げようとすると、上手くいかないのはイメージできますよね。

 

 

バッティングもそうです。
最終は手の延長のバットに力を伝えていきます。

 

 

サッカーでも同じですよね!

 

 

筋トレとスポーツにおいて、筋トレは腕や足から動かすことが多い。

 

 

手や足からスタートします。

 

 

スポーツは最終フィニッシュが手や足になります。
体軸から体幹、体全身の力を手足に伝える動作となります。

 

 

筋トレとスポーツって動きが逆だと思いませんか?

 

 

ということは、筋トレはスポーツ動作には向いていないということになり、筋トレしても意味ないのでは?
と考えている人は多いでしょう。

 

 

実際に、筋トレが必要ない!と言っているスポーツの指導者の方は、ここに違和感を感じているので、やらなくていいとなっているんだと思います。

 

 

私の考えを言います。

 

 

筋トレすればパフォーマンスアップに繋がります。

 

 

ただし!

 

 

スポーツに繋がる筋トレの種目を取り入れることが大切です。

 

 

多くの筋トレは、ここが抜けています。

 

 

筋肉さえ強くすればスポーツパフォーマンスがアップするということは、あともうちょい足りてないのです。

 

 

強くなった筋力を活かす体の使い方。
ここが非常に重要です。

 

 

私のところに来ている方のトレーニングの一部をご紹介します。

 

 

ケーブルマシンを使用した方法です。
グリップを体の真ん中に固定させ、手は動かしません。

 

 

その状態で脚をあげます。

 

 

体軸・体幹の力、軸足の踏ん張りがないと、バランスを崩して上手くいきません。

 

 

そして、手は動かしませんが、一瞬だけ動かすモーションをします。

 

 

脚をあげるタイミング、力を入れるタイミングを失敗すると、バランスを崩し上手くいきません。

 

 

写真での種目は、BOXを使用し段差の上り下りも入るので、もっと難しくなります。

 

 

反対向きになるとコントロールできなくなって、肘を曲げ体勢が崩れています。。。

 

 

この写真の種目は手を固定しながら、ボディバランスを安定させ動作する。という種目です。

 

 

あんまり見たことがないトレーニングだと思いますが、結構大切な種目です。

 

 

私が常々言っている体幹連動性トレーニングもこれに当たります。

 

 

鍛えた筋肉を活かす!

 

 

ここを大切にしたトレーニングをやってみてはいかがでしょうか。

 

 

書籍の中でも体幹連動性について記載してます。

 

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~

 

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧