筋肉は必ず効かせないといけないのか?

blog, パフォーマンス向上

筋トレでは、筋肉を意識して、筋肉を感じながら筋トレしないと効果がない。という常識があります。

 

 

この常識は間違いだ!
っていうのを言いたいわけではありません(笑)

 

 

筋トレしている部位を感じ、効かせながら行うことは、とても良いことです。

 

 

筋トレの意図を理解して行っていることなので、OKなのです。

 

 

ただ、そこだけにフォーカスしていいのか?というのも考えて欲しいと思って記事にしました。

 

 

筋トレをする目的は何か?
まずはこの部分を明確にした方がいいです。

 

 

筋肉を使って、筋肉を大きくしたい。という目的ならば、筋肉を意識した筋トレは良いトレーニングです。

 

 

ただ、筋力をあげる、パフォーマンスに繋げたいならば、筋肉を意識したトレーニングが半分正解ということになります。

 

 

なぜ、半分正解なのか?

 

 

それは、筋力は色んな関節や動きの中で発揮されるもの。
そしてパフォーマンスアップも同様に、様々な動きの中で力を発揮する必要があります。

 

 

スポーツをやっている人は、スポーツの動作の中で、筋肉を意識してやっていないと思います。

 

 

筋肉に対しては、ほぼ無意識。

 

 

筋肉の使い方を感じながらとか、意識しながら行うことは、プレーの散漫になり良いプレーには繋がりません。

 

 

無意識の中で、高い身体能力を発揮しないといけません。

 

 

日常生活でもそうだと思います。

 

 

筋肉を意識して生活している人なんてほとんどいない。
体幹を意識して生活している人もいると思いますが、それは初期段階です。
※この辺はいつか記事にします。

 

 

このことを考えた場合、筋トレでも無意識に大きな力を発揮させる練習は、とても良いトレーニングだと考えています。

 

 

脚や腕を複合的に動かしながら、大きな力を発揮させること。

 

 

筋力だけでなく、体軸、重心、負荷の方向、芯、体幹からの連動。色んな要素が含まれてきます。

 

 

なので、筋肉ひとつだけ意識すれば良いという筋トレではありません。

 

 

『体の使い方の学習』

 

 

ここが大切な要素となります。

 

 

様々な動きの中で、上手に体を使えて、尚且つ大きな力を発揮させることが出来れば、スポーツパフォーマンスに繋がり、日常生活でもケガしにくく、痛めにくい体になれます。

 

 

筋肉を効かせる筋トレも良いですけど、体全身を考慮し、連動性を大切にしたトレーニングも行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

鍛えた筋力を活かす!

 

 

そんな気持ちで筋トレしてみてください♪
楽しいですよ♪

 

 

 

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~

 

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧