継続はモチベーション次第?

blog, パフォーマンス向上

筋トレでも運動でも、継続した方が良いということは、ほぼ全員が知っていること。

 

 

そこには、モチベーションの浮き沈みが存在します。

 

 

モチベーションの有無で継続出来るかどうかが関わってくる。

 

 

それを、気持ちの問題として、その時の状況で判断するものにしているのか?

 

 

もしくは、自分自身でモチベーションのを保ったり、上げていくスキルや方法を持っているのか?

 

 

そこがカギを握ります。

 

 

そもその何の為に筋トレや運動をしているのか?

 

 

まずはここを考えてみましょう。

 

 

いい体になりたい!

 

 

筋力を上げていきたい!

 

 

スポーツパフォーマンスアップの為に!

 

 

健康の為に!

 

 

とか、色々あると思うんです。

 

 

絶対そうなる!
と決めている時はモチベーションは高く、継続出来ていると思うんです。

 

 

ただ、なかなか結果が出ない、成果を感じないと高いモチベーションは続くことはありません。

 

 

結果次第でかなりのモチベーションが揺らいでしまいます。

 

 

ということは、結果を出し続けないといけないのか!?

 

 

ということになりますよね。。。

 

 

そんな人っていません、、、

 

 

結果でモチベーションに左右されるのは、結果をフォーカスし過ぎているんです。

 

 

結果を求めるあまり、そこに執着しているから、結果が出ないときはモチベーションが下がってしまう。

 

 

そうなってしまうと、望んでいる結果を手に入れることはありません。

 

 

では、どうすればいいのか?

 

 

結果から見た動機を考えて欲しいのです。

 

 

結果が出た時の自身の気持ちはどうだろうか?

 

 

嬉しい!

 

 

楽しい!

 

 

ワクワクする!

 

 

幸せな気持ちになる!

 

 

こんな感じになりませんか?

 

 

モチベーションを高く保つ為には、ここの気持ちがとても重要だと考えています。

 

 

結果が出た時の自分をイメージでき、そこにある気持ちを大切にできているかどうか。

 

 

結果を出すためにやる。というよりも、この楽しくワクワクした気持ちになる為に、やり続ける。
という考えになれば、モチベーションの低下は結構防げます。

 

 

結果は自分でコントロール出来ませんよね。

 

 

試合での勝ち負けとか記録とかは、コントロールできるものではありませんよね?

 

 

でも、結果までの過程は自分自身でコントロールできます。

 

 

継続すれば、結果に繋がる可能性が広がります。

 

 

なので、結果ありきで考えず、そこに向かう過程も楽しみながら取り組んでもらえると、モチベーションは下がらなくて継続できますよ♪

 

 

捉え方と考え方ひとつ。

 

 

せっかく良いことをしているので、続けていきたいものですね♪

 

 

書籍もよろしくお願いします!
からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~

 

 

Twitterもやってます♪
やっている方、繋がりましょう♪

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧