柔軟性があり過ぎるとケガに繋がりやすい、、、

blog, 未分類, 柔軟性やストレッチ

こんにちは!

 

 

実は。。。
柔軟性があり過ぎると怪我に繋がりやすいのです!

 

 

え!?
って思うでしょうが、これは事実ですなんです。。。

 

 

巷の常識では、柔軟性があればケガしにくいから、柔軟はとても大切ってなっていますよね。

 

 

これが間違っているというわけではなくて、柔軟性の意味合いが違うのです。

 

 

筋肉の弾力性

 

 

筋肉の弾性力があるといいますが、よく伸びて力強く縮むことが出来る筋肉のことを指します。

 

 

これが柔軟性があるという意味です。

 

 

よくイメージしやすいのは、開脚でベタ~と脚が広く広げて前屈も地面に着く感じ。

 

 

そうなると柔らかいですよね~

 

 

そうなりたい、、、って思う人も多いと思います。

 

 

私もなりたい(笑)

 

 

ただ、ひとつ覚えてて欲しいことは、柔軟性があり過ぎるとケガしやすいということ。

 

 

なぜケガしやすいのか?

 

 

柔軟性があり過ぎるということは、関節可動域が広いということ。

 

 

関節可動域をいっぱいに広げたポジションは、筋肉の力が一番弱い位置なのです。

 

 

筋力が一番弱い位置に負荷かがかると、筋肉の負荷よりも関節にダメージを与えやすく、ケガしやすいのです。

 

 

柔軟性が高い人のケガが多い特徴は関節です。

 

 

柔軟性が低い人は、筋肉のケガの方が多い。

肉離れとかね。

 

 

柔軟性が高い人がやらないといけないことは、筋力の強化です。

 

 

筋トレですね。

 

 

筋トレをしっかりやることが、ケガの予防になります。

 

 

柔軟性があることは悪いことではありませんが、ケガのリスクもあるということも頭の片隅にでも置いていてください♪

 

 

これについては、書籍でも解説していますので、良かったら参考にしてみてくださいね♪

 

 

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧