筋トレは出来なかったことが成功である♪

blog, パフォーマンス向上

こんにちは!

 

 

筋トレは出来なかったことが成功なんです♪

 

 

出来なかったことってどんなことでしょうか?

 

 

それは、10回やろうとしたけど、5回しか出来なかったということです。

 

 

10回やろうと思ったのに、5回しか出来なかった・・・

 

 

「あ~、出来なかったなぁ・・・」とか

 

 

「まだダメだなぁ・・・」って思うかもしれません。

 

 

実は、これはダメだ。と思う必要がないのです♪

 

 

むしろ成功♪

 

 

何故かと言うと、限界まで出来たからです!

 

 

10回やろうとしたけど、5回で限界だった。

 

 

出来なくなるまで追い込めたことが、筋トレで言えば成功なのです♪

 

 

ちなみに、5回で限界来た時の筋トレの効果は、筋力アップです。

 

 

もし、10回で限界だった場合は、筋力アップの要素が入った筋肥大の効果があります。

 

 

筋トレにおいてなかなか限界まで追い込めることって、結構難しいんです。

 

 

だから、回数を決めてゴールを作っています。

 

 

「10㎏の重さを10回やろう」という感じにね。

 

 

本来の重量の設定は、

 

 

「10㎏の重さを何回出来るのか?」が本来の方法です。

 

 

10回を予測してたけど、やってみたら20回出来てた場合は、重さが軽いので重量アップが必要なのです。

 

 

10回を予測したけど、5回しか出来なかった。。。

 

 

その場合は、重量が重すぎですが、失敗ではないのです。

 

 

筋肥大を狙うのであれば、重量を軽くして10回前後で限界になるように調整すればOK♪

 

 

重量設定の話になりましたが、今回の事例は日常生活でも同じことが言えます。

 

 

「〇〇したけど、ダメだった」

 

 

ということって、ちょくちょくあると思います。

 

 

気になるのは、「ダメだった」という思考になること。

 

 

ダメを意識すると、ダメな部分を埋めようとする行動になる。

 

 

それ自体は悪くないのでは?

 

 

と思うかもしれませんが、思考パターンがダメな方向になっているので、ダメなことを意識しやすくなります。

 

 

そうなると、物事が上手く進めなくなります。

 

 

では、どうするかというと、

 

 

「もっと良くなるためにはどうしたらいいのか?」という思考パターンにすることです。

 

 

今も良い。

 

 

だから、もっと良くなるための行動を考える。

 

 

今が良いから、良いイメージで取り組むことが出来ます。

 

 

そうすると、自ずと良い事例が増えていきます。

 

 

このふたつの考えを見て、どちらがワクワクしますか?

 

 

正解は、ご自身がワクワクする方を選択してみてください。

 

 

考え方、捉え方で成果、効果が変わってきます。

 

 

筋トレの世界だけではなく、日常、スポーツなどにも影響ありますよ。

 

 

筋トレは出来なかったことが成功である。

 

 

この言い方も、

 

 

「筋トレの成功は、限界まで追い込めたことである」という言い方にしましょうか♪

 

 

言葉の言い方も、自身の考え方行動に影響を与えます。

 

 

今日から実践してみましょう♪

 

 

書籍もよろしくお願いします♪

 

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~

 

 

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧