腰を反って痛い?丸くして痛い?それぞれ対処法が違う。

blog, パフォーマンス向上, 未分類, 柔軟性やストレッチ

こんにちは!

 

 

先日、受講者さんとトレーニングしながら、健康番組を見る機会がありました。

 

 

そこにあった腰痛の対処法で気になることろが、、、

 

 

その対処法は、「大腿四頭筋(太もも表)を伸ばすと腰痛が改善する!」というものでした。

 

 

番組での方法は的確です。

 

 

それは、腰を反って痛い人に合った方法だからです。

 

 

これは骨盤前傾型の腰痛です。

 

 

身長より高い位置の物を取る時に痛い。。。

 

 

こういう場合は、骨盤が前傾しているので腰が反ります。

 

 

骨盤前傾型の腰痛の人は、腰を反るとは100%痛い。

 

 

このような骨盤前傾型の人は、太もも表の大腿四頭筋が硬いことが特徴です。

 

 

というより、大腿四頭筋も硬いですけど、腸腰筋の硬さの方が問題です。

 

 

このような人は、太もも表の大腿四頭筋のストレッチが正解です。

 

 

腸腰筋の硬さもあるんで、このストレッチも効果的です♪

 

 

※腰を反らせると痛くなる場合もあるので、腰を反らせないように気を付けてください。

 

 

ただ、腰を丸くした時に、腰が痛い人は、この対処法は当てはまりません 。

 

 

それは、骨盤後傾型の人。

 

 

どういう人かというと、前屈したら地面に手が着かない人です。
尚且つ、腰や背中が丸くなっている人です。

 

 

長年、腰痛の方を見てますが、圧倒的にこのタイプの方が多い気がします。

 

 

骨盤後傾型の人は、大腿四頭筋の柔軟性はあるけど、ハムストリングス(太もも裏)の柔軟性がありません

 

実は、大腿四頭筋をストレッチしても改善しないのです。。。

 

 

なので、ストレッチが必要なのは、ハムストリングスです。

 

 

※骨盤を立たせ、骨盤を前傾させることがポイントです。膝は曲がってもOKです。

 

 

番組では、腰や背中を丸くして痛い人の方法を紹介してなかったので、腰痛の方全員には当てはまりません。

 

 

腰痛があり、腰患部ではないアプローチはとても良いことです。

 

 

ただ、的外れになると効果は期待できませんので、ご自身がどのタイプなのかを見分ける判断が必要となります。

 

 

骨盤後傾型なのか?
骨盤後傾型なのか?

 

 

わからない場合は、

腰を反って痛いのか?
腰を丸くして痛いのか?

 

 

の判断でもOKです。

 

 

今回、番組であった腰を反らして痛い人(骨盤前傾型)は、腹筋も有効です♪

 

 

腹筋をすることで、腰の筋肉(脊柱起立筋)が緩むので、腰痛改善に繋がります☆

 

 

※完全に起き上がる必要はありません。腹筋(お腹)に力が入ればOKです。

 

 

最後にひとつだけ。
腰が痛い人の最初にやる行動は、整形外科へ行くことです。

 

 

骨や筋肉の状態を診断できるのは、医師だけですので、まずは医師の診断を受けて下さいね!
その上での対処法です♪

 

 

腰痛で苦しんでいる方の腰痛が早く良くなりますように、、、

 

 

私の本でも紹介しています♪

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧