音のチカラ♪ガンクドラム528Hzの体に良い波長。

blog

こんにちは!
ガンクドラムの音って、とても綺麗な音色を出すってご存知ですか?

 

ガンクドラムには8つの音階があります。

 

その音階の中で、C5(ド)の音があります。

 

その音の波長は、528Hz。

 

この528Hzは、体に良い影響を与える波長と言われています。

 

ソルフェジオ周波数のひとつ。
528Hzは、幸運を呼び込む奇跡の周波数のようです。

 

無限の可能性、DNAの修復、奇跡の効果があるとか。。。

 

漠然としてますが何か良さそうですよね(笑)

 

実感して「いい感じがする!」というのが大切だと私は感じています。

 

自身の感覚を大切にして欲しいと思っています。

 

それが一番大事です。

 

ガンクドラムを演奏する時も、感覚を大切にして演奏をしています。

 

曲になるものもあれば、毎回違う感じの流れにもなります。

 

その日その日で違います。

 

それも面白い反応だなぁって。

 

あとは、この音を聴くと筋肉にある張りや緊張が和らぎます♪

 

例えば、肩こりとかある箇所に手を当てながら聴く。

 

そうすると、そこの筋肉が緩み肩こりが軽減します。

 

手を当てなくても大丈夫です。

 

何故、そのような反応がでるのか?

 

マッサージ器って振動で緩めるでしょ。

 

音も振動のひとつ。

 

良い波長の振動は、筋肉に対し良い振動を与えることで、筋肉が柔らかくなります。

 

そして、良い音(波長)は日々を好転させます。

 

いつも発している言葉も同じです♪

 

信じるか信じないかはあなた次第(笑)

 

私は実感として感じているので今回お伝えしました。

 

YouTubeでも1曲公開しておりますので、ガンクドラムの音を是非聴いてみて下さい♪

 

https://youtu.be/bplrY6uinko

 

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧