「問題」より「課題」の方が今ある現状を良い方向へ作用する。

blog, パフォーマンス向上

こんにちは!

 

「問題」より「課題」の方が今ある現状を良い方向へ作用する。

 

私はそう考えています。

 

仕事でも日常でも、何かしら問題点はあると思います。

 

もしくは、問題点を探してそれを解決しようとすると思います。

 

それ自体が悪いことというわけではなく、考え方のひとつとして、問題点ではなく、課題としてとらえたらどうだろう?
ということです。

 

 

 

何故、そういうことを考えているのか?

 

それは、問題と捉えると、言葉の意味合いで重い印象となりませんか?
その背景には、不安や恐れがあり、これを感じたままにすると、結果的に解決に繋がらない可能性もあるし、解決しても同じ感情で問題点がさらに続くことになります。

 

逆に課題として捉えると、乗り越えていこう!というポジティブな心境になりませんか?

 

課題をクリアーすれば、スッキリして次の課題にも前向きに取り組みやすい印象があります。

 

あなたはどちらがいいでしょうか?

 

これは、もうインスピレーションでいいと思います(笑)

 

心が苦しく感じる言葉、楽に気持ちになる言葉。

 

問題はどことなく、重く苦しい感じがします。

 

課題にすると、軽い印象で課題だったらクリアー出来そうだなという気持ちになります。

 

今、目の前にある問題点を、課題として捉えてみませんか?

 

何となくいけそうな気がしません?(笑)

 

何となくでも、より良い気持ちの方が上手くいきます。

 

良かったら、問題を課題に変換してみて下さい♪

 

物事が良い方向に進みますよ♪

 

 

からだ整う筋トレ整わない筋トレ~辻洋介流からだ作り理論~

 

 

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧