投球制限について。

こんにちは!
甲子園も終わりましたよね~夏の終わりを感じます、、、(笑)

 

今年の夏も、投球制限について話題になっていますね。

 

一人のエースが予選から投げて、甲子園の決勝戦まで来た。
正に漫画のようなストーリーで、見る人もワクワクするような展開でした。

 

ただ、投げ過ぎでは?という問題は、私も感じています。

 

ケガや故障になっていなければいいですが、それは本人しかわからないことです。
騒ぎにならないように言わないことも考えられます。

 

私は、投球制限は賛成です。

 

その理由は、ケガや故障をさせないというのは、スポーツにおいて大前提だからです。

 

ケガや故障して未来ある選手が潰れてしまうことは、野球業界の損失だと私は思います。

 

なので、投球制限は賛成です。

 

野球というスポーツは、投手の影響がとても大きいと思います。
勝敗の行方は、投手にかかっている。と言っても過言ではありません。

 

全員野球とか言っている割には、投手の負担は結構大きいと思いませんか?

 

それを作ってしまった原因はエースという存在かなと。

 

絶対的エースがチームにいて、エースがチームをひっぱり勝利へと導く。という方向性のチームが非常に多い。
というより、それが常識になっていることが私は不思議でたまりません。

 

投手って何人いてもいいやん♪って私は思います。
むしろ、チーム全員が投げられるようにスキルアップしておけば、誰でも投げられるわけです。

 

そして、1回ずつ交代しながら投げれば、バッターもタイミング合わせにくいし、大崩れはないと思うんですね。

 

こんな意見言うと、そんな野球は面白くない。っていう意見言われる方多いと思うんですけど、それは今までそんな野球してないだけ、これが常識になれば、面白くなると思うんです。

 

そうすれば、投手の負担も軽減できるし、投手におんぶにだっこも防げます。

 

エースという存在も必要ないってことです(笑)
皆投げるんで♪

 

「俺はエースになるんだ!」と意気込んでる人には、超おもしろくないかもですが、、、

 

ひとまず、今回書いたことは極論です(笑)

 

今までの常識から考えずに、客観的に野球というスポーツを見た時に、別にこういう考え方があってもいいのでは?ということで、出してみました。

 

投げ過ぎで、故障のリスクがあるならば、投球制限は賛成です。
時代背景に応じて野球も変化する時に来ていると思います。

 

賛否両論はあると思いますが、未来ある選手を潰さない為に、選手ファーストで考えて欲しいと思います。

 

5256eedd8ee2fedde0a6c5314b39dc52_s

The following two tabs change content below.
パーソナルトレーニングジムのボディプランニング代表。 パーソナルトレーニングを中心に、一般の方からプロアスリートまでサポート。 ボートレーサー専属トレーナー、ボートレーサーを目指す人のサポートを含め、数多くのプロ選手を輩出しております。

ご閲覧頂きありがとうございます。
よろしければシェアお願いします!