バッティング考♪あくまで考え方のひとつ。

こんにちは!先日はソフトボールについて投稿したので、せっかくなのでバッティングについての考え方を書こうと思います。

 

私は、野球でもソフトボールでも、審判を信用していません。

特に草野球・・・(笑)

 

ボールと思って見逃した球がストライクとか良くありますよね。
自分の目や感覚だけを大事にする。ということの考え方で、バッティングについてこのように考えています。

 

「ストライクでもボールでも、打てるという球なら全て打ちに行く」

 

それが苦手なコースだとしても。

 

「いい球だけ打て」という声かけを、よく耳にしますが、いいピッチャーほど、自分にとって「いい球」は投げてきません(笑)

 

むしろ、苦手なコースやタイミングを外す投球をしてきます。

 

「いい球」が来た時は、それはピッチャーにとって失投です。

 

そんな球が、何球に1回あるのでしょうか?

 

草野球や草ソフトボールレベルなら「いい球」待ってもいいと思いますが・・・。

 

ただ、やはり、審判がとんでもないボールをストライクとか言ったりするので、私は審判を信用しないし、基本的に早打ちです(笑)

 

指導者が「なんでそんなボールに手を出したんだ!」とか怒ることあると思います。
それは、私は間違いだと考えています。

 

本人が打てると思って手を出しただけで、トライした結果がダメだっただけです。
それを怒ると、選手はトライしなくなってしまいます。

 

萎縮して思い切りのいいスイングが出来なくなる可能性もあります。

 

空振りでも打ち取られても、それは結果なので、そこを怒っても仕方ないのです。
怒る監督さんの気持ちもわからんではないですけどね、、、

 

3割ヒット出れば良し。というバッティングの世界ですし、7割以上は打ち取られるわけなので、どんどんトライした方が、自ずと結果が良いのでは?と私は考えています。

 

そして、バッティングの練習は、ストライクのボールだけを打つのではなく、あえてボール球も打つ練習が必要だと思います。
あと、体勢を崩されても打てるスキルも必要かなと。

 

バッティングはタイミングの世界なので、タイミングさえ合えば打てるのです。

 

むしろ、タイミングをずらされても打てるようになれば、無敵だと思います(笑)

 

自分のスイングとか、フォームとかもあると思うんですけど、何の為にそれをやっているのか?を考えてみてはどうでしょうか?

 

全てはヒットを打つためでしょ?チームに貢献することでしょ?

 

じゃあ、自分のスイングやフォームにこだわり過ぎるあまり、本質を見失っているケースってあると思うんです。

 

もう少し、シンプルに考えてみることをお勧めします♪

 

今回の内容は、あくまで私が考えていることです。これが正解とは思いませんが、色んな考え方があっていいと思うんです。

 

それが野球の面白さかなって感じています♪

 

バッティング面白いですよね!

楽しんでいきましょう♪

 

20180617_022554324_iOS

The following two tabs change content below.
パーソナルトレーニングジムのボディプランニング代表。 パーソナルトレーニングを中心に、一般の方からプロアスリートまでサポート。 ボートレーサー専属トレーナー、ボートレーサーを目指す人のサポートを含め、数多くのプロ選手を輩出しております。

ご閲覧頂きありがとうございます。
よろしければシェアお願いします!