球速を伸ばすには?

こんにちは!
今回は球速の伸ばし方(速い球を投げる為には)ついて書きたいと思います。

 

球速を伸ばし、速い球を投げたい!と思うのは、投手であれば誰でも思うことでしょう。
現役時代、私もそうでした。

 

実際の所、バッターとの対決はタイミング次第なので、球速がどうであれ、タイミングさえ外せば打たれないのです。
だから、速かろうが遅かろうがあんまり関係はないのです。

 

ただ、球が速い方が脅威だし、バッティングのミスを起こしやすいのは間違いないですけどね。

 

では、どうやったら球速を伸ばすことが出来るのか?

 

走り込み?

 

遠投?

 

投げ込み?

 

筋力やパワーをアップする為に筋トレ?

 

体幹強化?

 

肩のインナー強化?

 

肩甲骨の可動性?

 

これまでも色々言われていますよね。
私はどれも正解だと思います。

 

ただ、一番の正解は、『投げるスキルを向上させる』ことです。

 

当たり前やん!
って思うかもしれませんが、詰まる所、これに尽きるのです。

 

思い出してください。

 

野球経験がある人と、無い人との投げ方は歴然とした差がありますよね。

 

投げる動作というのは、とても難しい体の使い方をしています。

 

だから、ボールを投げたことのない人は、遠くへ投げることすらままなりません。
まっすぐすら投げられない可能性もありますよね。

 

プロ野球の始球式とか見ると、大体そんな感じではありませんか?

 

ボールを投げるというのは、本当にスキルが必要なのです。

 

遠投が球速アップに繋がると言われている理由は、肩を強くする為だけではありません。
力を上手くボールに伝達させることで、遠くに投げることができ、遠くに投げるというのはそれなりの力が必要ですよね。
その力を上手に伝えるスキルを向上させているのです。
その結果、速く投げる為のスキルが養われているのです。

 

球がなかなか速くならないと嘆いている人は、速く投げる為のスキルの向上を考えてみてください。

 

あなたが理想とする選手の真似をすることもいいでしょう。

 

速く投げられるのは、速く投げられる理由があります。
真似をすることで、その理由を知ることもできるでしょう。

 

そして、力の根本である土台がしっかり出来ているのかどうか?

 

この土台は、体力、筋力だけでなく、柔軟性も含まれています。

 

筋トレや体幹、ストレッチをするから、球が速くなるというわけではありません。
速く投げる為の土台が出来上がっていると、投げるスキルが向上すれば球が速くなるのです。

 

球を速く投げるには、投球スキルを向上させること。

 

速く投げられるための土台を、コツコツと作り上げていき、それを継続的すること。

 

この二つがカギを握ります。

 

なかなか球が速くならず、悩む時期はあるでしょう。

 

そういう時期こそ、球速アップの秘訣が隠れています。

 

投球フォームを動画で撮影したり、自分自身で見て分析してみてください。
人からの指摘よりも、自分で気づくことが大事です。

 

人から言われたことは、なかなか上手くいかないし、逆効果になることもあります。
怪我に繋がることもあります。迷いが増す場合もあります。

 

人から言われることは、客観的な判断材料として、参考程度にすれば良いです。

 

速い球を投げるのはあなた自身です。

 

あなた自身が速く投げられるイメージやポイントをつかまなければ、実現は難しいのです。

 

球速アップで思い悩んでいるのであれば、今回伝えたことを参考に取り組んでみてください。

 

必ずスピードアップしますから。

 

DSC_0240

The following two tabs change content below.
パーソナルトレーニングジムのボディプランニング代表。 パーソナルトレーニングを中心に、一般の方からプロアスリートまでサポート。 ボートレーサー専属トレーナー、ボートレーサーを目指す人のサポートを含め、数多くのプロ選手を輩出しております。

ご閲覧頂きありがとうございます。
よろしければシェアお願いします!