体の些細な違和感に気づくこと。

blog, パフォーマンス向上, 柔軟性やストレッチ

こんにちは!
生きていれば、ケガや故障はつきものです。スポーツしていると尚更・・・。

 

ただ、どこも痛いところがないのは当然のことです。

 

不可抗力でのケガは仕方ないとして、痛めてしまった場合には、痛める前の前兆が存在します。

 

簡単に言えば違和感です。

 

この違和感を簡単に考えてて、見過ごしているから、突然痛くなったように感じているのです。

 

これはトレーニング中も同じ。

 

10回までやろうと考えてて、8回目の時に違和感があるとします。

 

あと2回だから、やってしまおう。っていう気持ちが危険です。

 

トレーニング中の違和感は即中止です。

 

そのまま続けると痛めてしまいます。

 

痛めてしまっては、何の為にトレーニングしているのか本末転倒ですよね!

 

体の違和感は、そのままでは痛めるよ!っていうサインです。

 

そのサインを軽く考えず、見逃さず、すぐ対処してください。

 

これが故障やケガをしないポイントです。

 

自分の体を大切にして欲しいと思います。

20171217_012716672_iOS

 

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧