肩関節の安定性♪棘下筋を鍛えよう!

blog, パフォーマンス向上, 柔軟性やストレッチ

こんにちは!

肩関節の安定性で重要な筋肉が、棘下筋、小円筋という筋肉があります。

 

ローテーターカフという総称で、4つある筋肉のふたつです。

 

肩関節を安定させる為に、この筋肉は非常に重要です。

 

棘下筋と小円筋は、上腕骨を外旋させる筋肉です。

 

野球やラケットスポーツ、ゴルフの右打ちの右腕側は、主に上腕骨が内旋します。

 

強烈に内旋の動作があるので、棘下筋や小円筋は激しく伸ばされることになります。

 

ブレーキとしての働きもあります。

 

このことから、棘下筋、小円筋の筋力は強くなる必要があり、トレーニングをして欲しいのです。

 

特に肩をよく使うスポーツは、積極的に取り入れて欲しいものです。

 

お勧めのトレーニングが、『ベントオーバー・エクスターナルローテーション』という種目です。

 

うちでは、「ピヨピヨ」と呼ぶこともあります(笑)

 

簡単そうで案外きつい種目です。

 

肩関節を安定させるために、是非取り入れて下さい。

 

今日のヤフーの記事に、松坂選手の記事がありましたね~
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6275210
肩も良い感じのようなんで、今シーズンの活躍を期待したいと思います♪

 

S__5791783

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧