筋力付けたければ、筋肉を使うことばかりに意識を持たない。

こんにちは!

 

先日、こんなツイートしました。

 

 

筋力をつけたいのに、筋肉を使うトレーニングをしている人が多いです。

 

どこが間違い?

 

間違ってはないですけど、惜しいのです。。。

 

筋トレは、筋肉を意識しないと効果がないと一般的には言われています。

私もそう習ってきました。

 

しかし、実は意識しなくても十分強くなれるのです。

 

むしろ、意識しない方がいいのでは?
とも思います。

 

あと、可動域も広く使う筋トレも多く、これは私は推奨はしません。

 

筋肉を沢山、伸び縮みさせたければ動的ストレッチで十分です♪

 

重要なのは、負荷を与えることです。
強くなりたければ、負荷を与えないと強くはなりません。

 

圧倒的に強くなりたければ特にです。

 

注意点は、動きの中での関節角度、可動域、負荷の方向と重心の位置や体軸は、負荷をかけるまえに練習が必要です。
動きの練習ですね。

 

筋肉に意識する練習は、好きな人はしたらいいです。
それをしないと気持ち悪い人もいますからね。。。

 

ここで言っていることは、筋肉をつけることではなく、筋力をつけることをお伝えしています。

 

注意点の部分がしっかりできれば、身長が低くて体重が軽い人でも、高重量を扱える筋力を引き出すことが可能ですよ!

 

これは、教え子のデッドリフト200㎏です。
身長160前後の体重53キロくらいです。

動画↓

20171020_015810000_iOS

 

210lgはダメでした・・・

いずれあげるでしょうね♪

20171027_020116317_iOS

 

筋力を上げるには、筋力を上げる筋トレが必要です。

そのやり方、実はシンプルで超簡単なのです♪

The following two tabs change content below.
パーソナルトレーニングジムのボディプランニング代表。 パーソナルトレーニングを中心に、一般の方からプロアスリートまでサポート。 ボートレーサー専属トレーナー、ボートレーサーを目指す人のサポートを含め、数多くのプロ選手を輩出しております。

ご閲覧頂きありがとうございます。
よろしければシェアお願いします!