狙い球を絞っても、狙い球が来ない時はどうする?

blog, パフォーマンス向上

こんにちは!
先日のソフトバンク戦を店内で流していると、解説者がこんなこと言っていました。

 

「狙い球絞って打たないとダメ」
「狙い球が定まってないから打たされる」と。

 

正論だと思います。

 

どれを狙っていくのかを決めることは、自分のバッティングが出来る。
よって、ヒットが出る確率があがる。

 

と、一般的にはそんな感じだと思います。

 

プロの世界って甘くないって私は思っています。

 

間違いなく、打者研究はしっかりして試合に臨んでいるでしょう。
狙い球を何に絞っているのかは、相手バッテリーは知っていると思います。

 

ということは、打者が狙っている球は投げてこないと思うんです。

 

たまたま、失投が来るかもしれません。

 

いつくるかわからない球を待ってるから、打たされているんじゃないのかな?って思います。

 

ある程度の配球の読みは必要でしょう。

 

でも、ピッチャーは自分のバッティングをさせないように、タイミングをずらして投げてきます。

 

当然ですよね。。。

 

では、どうするのか?

 

狙い球を待つより、自分から迎えに行く♪

 

待つという受け身より、攻めの姿勢で迎え撃つ気持ちが大事かなと思っています。

 

自分がヒットに出来る球は全て手を出す。
ストライクだろうがボール球だろうが手を出していいと思います。

 

その方が良い結果が生まれると私は考えています。

 

賛否両論あると思いますが、あくまでも私が感じたことです♪

 

さて、今日のクライマックスシリーズはどうなるかな。

 

楽しみですね♪

 

2e28a9ac8b65bede6bfea28796e3400f_s

The following two tabs change content below.
熊本県出身。ボディプランニング代表、艇学体力講師、メンタルコーチ、プロ選手トレーナー、ボートレーサーになった教え子は100名を超える。 執筆活動、ラジオ出演、アーティスト活動も含め、福岡で活動している。

関連記事一覧