腹筋、しっかり使えてますか?

腹筋している時、背中や腰が痛くなる人は、腹筋の方法が間違っています。

 

腹筋の基礎をおさらいしましょう。

 

仰向けの状態で両膝を曲げた状態になります。

 

この時、腰の箇所に空洞が出来ています。

 

この空洞を無くして下さい。

 

背骨を地面にしっかり押さえつけることです。

 

DSC_0786

 

背骨を押さえつけたままで、上体を起こします。

 

DSC_0789

 

この方法で行うと、上体はあんまり持ち上がりません。

 

それで正解です。
少し持ち上がったところで、小刻みに上体を上げようとします。

 

そうすると、腹筋だけ効いている感じがあると思います。

 

反り腰が酷い人は、この方法でも腰にくることはあります。
その場合は、ちょっとでもお腹に効いている感じを、ちょっとずつ行う方法が良いです。
腰や背中に違和感出た時点で、すぐ終了です。

 

こちらにも詳しく記載しています。

フロアシットアップ

 

足を伸ばす足上げ腹筋する人も同様です。
某ジムでも、背中や頭が地面に付いたまま行っている人が多いです。

 

この方法だと、骨盤が前傾になり、反り腰のままで腹筋をしてしまいます。
そのまま続けてしまうと、腰痛の原因になります。
なので、絶対に反り腰のままでやらないでください。

 

正しい方法は、腰の背骨を地面にしっかり付けて、頭や上体を起こしたままで、足を伸ばします。

 

こんな感じです。

DSC_0803

 

こちらにも詳しく解説しています。

→ スパインレッグレイズ

 
良かったら参考にしてみて下さいね♪

The following two tabs change content below.
パーソナルトレーニングジムのボディプランニング代表。 パーソナルトレーニングを中心に、一般の方からプロアスリートまでサポート。 ボートレーサー専属トレーナー、ボートレーサーを目指す人のサポートを含め、数多くのプロ選手を輩出しております。

ご閲覧頂きありがとうございます。
よろしければシェアお願いします!